なんと、「酵素洗剤」は1000年前からあった?
しみ抜き イラスト
「きゃーっ! 落ちないわ、このしみーっ!」

「バイオから生まれた酵素(こうそ)洗剤」などと聞くと、酵素で汚れを落とすというのは、つい最近発明された手法のように思えます。
が、実はこの手法、なんと、1000年前から行なわれていたようです。

朝鮮半島では、古くからウグイスの糞(ふん)を使って衣類のしみ抜きをしていました。
これは、ウグイスの糞に含まれるタンパク質分解酵素・プロテアーゼを利用したもので、汚れを落とす原理は、現在の酵素洗剤と同じです。

この手法が日本に入ってきたのは、平安時代でした。
日本では、着物のしみ抜きばかりでなく、顔のしみ抜きにも使われました。

今では、酵素でしみを取る化粧品が売られていますが、しみ抜きの原理は同じなので、ウグイスの糞でも可能です。

しかしこのウグイスの糞、においはなかったのでしょうか?
いくら衣類の色が白くなるといっても、変なにおいがしみついてしまっては困りますね。
気になるところではあります。

斑模様の 犬
「オレたちの体にあるのは”しみ”じゃないよ、いっておくけど」

ちなみに、今から100年以上も前の話になりますが、アメリカの陸軍では、軍服についたしみは自分の唾液(だえき)で取れという教えがあったそうです。
これは、唾液に含まれるアミラーゼの働きによって、食べ物のしみをとるという効果を狙ったものだったようです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
相撲番付に書かれた「蒙御免」の正体は?
相撲番付
写真は、こちらからお借りしました。

江戸時代の初め頃の相撲は、街角で行なわれる「辻相撲(つじずもう)」などと呼ばれるもので、勝敗をめぐる口論や刃傷沙汰(にんじょうざた)が絶えなかったといいます。

そこで幕府は、プロの相撲集団を自身の管理下に置き、寺社の建設や修復などをするための費用を捻出(ねんしゅつ)する「勧進相撲(かんじんずもう)」として、その興行(こうぎょう)を許可し、運営自体は町人に任せました。

興行主(勧進元)は、相撲を管轄(かんかつ)する寺社奉行(じしゃぶぎょう)に申し出て許可をもらうことで、興行を開くことができました。

現在も、相撲番付(すもうばんづけ)の中央最上部に「蒙御免(こうむるごめん)」の文字が大書(たいしょ)されているのは、寺社奉行の「御免を蒙(こうむ)った」、つまり、「許可を受けた」という、当時の名残なのです。

また、番付表の左下に、「千穐万歳大々叶」とあります。
これは、「せんしゅうばんざいだいだいかのう」と読み、千秋(「秋」という漢字には火が入っているため、縁起を担いで「穐」に変えられた)楽まで、土俵(舞台)の無事と満員御礼(まんいんおんれい)を祈願するという意味です。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
「元の木阿弥」の語源は?
元の木阿弥 逆戻り 惨めな状態

結局、元の惨(みじ)めな状態に戻ってしまうことを、「元の木阿弥(もとのもくあみ)」といいますが、この言葉には、どのような由来があるのでしょうか?

戦国時代のこと。
大和の国を支配していた武将・筒井順昭(つつい じゅんしょう)が、不治(ふち)の病に倒れました。

このとき、彼の息子である跡継ぎの順慶(じゅんけい)は、まだ2歳。
もしも今、順昭が死んだことが知れ渡ったら、たちまちは攻め落とされて、国は滅びてしまいます。

そこで、順昭は、自分が死んでもそのことは秘密にして、誰か自分に似た者を影武者(かげむしゃ)に立てるよう、遺言(ゆいごん)して死にます。

ヒゲのある猫 ヒゲ武者
「オレ、ヒゲ・・武者」

さて、順昭の遺言に従って、影武者に仕立てられたのが、木阿弥という盲人です。
木阿弥は、声や姿が順昭にそっくりだったのです。

木阿弥は、順昭に成りかわって薄暗い病床に臥(ふ)せって命令を下し、首尾(しゅび)よく順昭の影武者を務め、周りの人をだまし続けます。
しかし、順慶が成人した3年後に、順昭の死が公表されて、木阿弥はお払い箱となり、一介の市井(しせい)の人に戻されたのです。

このことから、一時栄えた人が、落ちぶれて元の惨めな状態に戻ることを、「元の木阿弥」というようになりました。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
ナポレオンの「肖像画のポーズ」に隠された秘密とは?
ナポレオン・ボナパルト 書斎
写真は、こちらからお借りしました。

ナポレオン
の肖像画を見ると、いつも右手をチョッキのポケットに入れた、独特のポーズをしています。
これは一体、何故なのでしょうか?

これにはいろいろな説があり、坂本龍馬の銅像の右手と同じく、一種の謎となっています。
坂本竜馬の場合は、懐(ふところ)にピストルをしのばせていた、といわれていますが、ナポレオンの場合はどうなのでしょうか?

これに関しては、一般に以下のようにいわれています。

「ナポレオンは時折、右わき腹の激しい痛みに襲われた。そういうときには、チョッキのボタンを外してイスの肘(ひじ)かけに寄りかかり、わき腹を押さえるようにしていた。それが、”痛くないときにもクセになり、あの独特のポーズになった”」

実際、死後にナポレオンを解剖(かいぼう)したところ、胃には小指大の穴があいており、死因は胃がんによる胃穿孔(いせんこう)だったといわれています。
ナポレオンを時折襲った右わき腹の痛みは、ガンによるものではなかったのかと考えられるのです。

参考にしたサイト
(139)ナポレオンの右手 ( 日々の出来事 ) - 93歳ブログ「紫蘭の部屋」
https://blogs.yahoo.co.jp/siran13tb/65028559.html
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
ビールは、いつの時代から飲まれている?
ビールで 乾杯

世界中で、多くの人たちに親しまれているビール
しかしながら、このビ-ルが意外なほど古い時代から飲まれていることは、あまり知られていません。

紀元前3000年頃には、既に、メソポタミアに世界最古の都市国家をつくったシュメール人が、麦の種類によって4種類のビールをつくり分けていたようです。

となると、ビールは、なんと、5000年以上の長きにわたって、人々に愛されてきたことになります。

ビールは、麦芽(ばくが)に含まれている酵素(こうそ)の働きによって、麦のでん粉が糖に変わり、それが発酵してできるのですが、もともとは、洪水や大雨に備えて貯蔵してあった麦が芽を出し、偶然にビールのつくり方が発見されたのではないかともいわれています。

やがてビールは、メソポタミアからエジプトに伝わります。
エジプトではワインがよく飲まれていたと考えられていますが、実は酒の主流はビールでした。
紀元前3000年のエジプトでも、ビールは人々の間で広く飲用されていました。
クレオパトラが、ローマから来た将軍たちにビールをふるまったという記録も残っています。

また、紀元前1700年代半ばに制定された初めての成文法『ハムラビ法典』には、ビールにかかわる法律が制定されています。
この頃には、各所に醸造所が建設されて、今日の「ビアホール」にあたる店もできていたようで、その取り締まり規則、罰則などが公布されました。

例えば、ビールを水で薄めた者は、水の中に投げ込まれるという罰を設けたり、ビアホールで謀叛(むほん)の密議などをしているのを知った店の主人はすぐに届け出ないと同罪に処す、といったようなものです。

ビールを 飲む 猫
写真は、こちらからお借りしました。

一方、ギリシャ、ローマ人は、ビールよりもワインの方が好みでした。
イエス・キリストも、ワインを常用するユダヤ人だったため、最後の晩餐(ばんさん)でワインを指し、

「これは私の血である」

といいました。

そのため、ヨーロパにおいては、キリスト教が広まるにつれ、酒といえばワインとなっていったのです。

もしも、イエス・キリストがエジプト人だったとしたら、ワインではなくてビールのほうが、ヨーロッパの酒の主流になっていたかも知れません。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
「サザエさん」の登場人物が「海産物」になったそもそもの理由とは?
サザエさん
写真は、こちらからお借りしました。

サザエさん」は、日本初の女性プロ漫画家として知られる、佐賀県出身の長谷川町子(はせがわ まちこ、1920年 - 1992年)の作品です。

長谷川町子は、1946年(昭和21年)に、夕刊「フクニチ」から4コマ漫画の連載を依頼されましたが、このとき、当時住んでいた福岡県西新(ふくおかけん にししん)の自宅近くの百道浜(ももちはま)を散策(さんさく)しながら、どのようなマンガにするか、その構想を練りました。

そのため、登場人物の名前が、すべて海産物にちなんだものになったのだといいます。

そしてその後、1969年(昭和44年)に、テレビでサザエさんのアニメ放送がはじまると、ノリスケとタイコの息子がイクラという名前で登場します。

このイクラという名前は、原作にはなかったもので、このとき脚本を担当した雪室俊一(ゆきむろ しゅんいち)の娘さんの好物だったからだといいます。

ちなみに、サザエさんの最終学歴は、あわび女子学園卒業、です。
漫画・アニメ
広告


漫画・アニメ | Comments(0) |
男性は、女性よりも3倍早くボケるって本当?
ボケる

ペンシルベニア大学のルーベン・カー教授の調査によれば、個人差はありますが、男性は女性の3倍の速度でボケるといいます。

ボケの原因は複雑で、簡単には特定できませんが、つまるところは大脳の細胞数の減少にあるといわれています。

人間は、生まれたときには約140億個の脳細胞があります。
その後、その数はほとんど増えることはないといわれています。
むしろ、アポトーシスといって、細胞自体が自爆(じばく)していくことで、減少していく傾向にあります。
が、その反面、脳細胞というのは刺激されることによって新しい神経突起(シナプス)をどんどん伸ばしていくことができるため、素晴らしい頭脳活動が可能なのです。

しかしながら、40歳を過ぎた頃から、脳細胞の減少速度はぐんと速まり、その結果、忘れっぽくなったり、思考力が衰えたりという症状が出てきます。

これが、いわゆる老化現象です。
老化現象は、脳を使わなくなることがその萎縮(いしゅく)の原因となるわけですが、この脳細胞の萎縮には男女差があります。
そして、男性よりも女性の方が比較的ゆっくり進むので、ボケが少ないのです。

それでは、何故このような差が出るのでしょうか?

この差の主な原因は、性ホルモンの作用にあると考えられています。
男女ホルモンは、脳の機能とも密接(みっせつ)に関わっています。
そして、その分泌量(ぶんぴつりょう)の違いが、脳の萎縮する速度に差をもたらすのであろうというのです。

くわえて、男性の場合、定年を境に、生活パターンが大きく変わります。
現役のときはバリバリ仕事をこなしていた人が、定年後はパッタリと身体を動かさなくなるというケースが少なくありません。
特に趣味がない人の場合、その傾向は顕著(けんちょ)です。

退屈な ネコ
「あーあ。退職したら、毎日が退屈だニャン」

このような生活パターンの激変(げきへん)も、男性の脳の萎縮速度を加速する原因のひとつであるといわれています。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
森林浴は、どんな病気に効く?
森林の中で 微笑む 女性

病気の治療法のひとつとして、森林浴というのがありますが、これはどんな病気に効くのでしょうか?

ドイツに、シュバルツバルト(黒い森)と呼ばれる広大な森林地帯があります。
その中につくられた保養所は、古くから大病(たいびょう)をした人のリハビリテーションに使われています。

ここでは、まさに森林浴をして健康を取り戻そうというわけです。
が、決して何か特定の病気が治るというわけではありません。
たとえば、喘息(ぜんそく)に効く、というわけではないのです。

森は、無数の木の葉(このは)が音を吸収し、まわりを静寂で包んでくれます。
そのため、とても静かで、疲れた身体には何よりの安らぎとなります。

また、こうした場所では、空気がおいしいとよくいわれますが、これは気のせいなどではありません。
森は、音ばかりでなく、大気中の汚染物質をも吸い取ってくれます。
ちょうど、空気清浄機のような働きをしているのです。

森林 森林浴

森の中の空気のほうが、都会の空気よりも病原菌の数が少ないのは確かです。
昔から日本では、結核療養所が必ず松林の中に建てられたのもそのためです。

このように、森林浴は、病原菌の繁殖を抑えるほか、神経の高ぶりを癒(いや)したり、緑を見ることで目の疲れを取ったり、小鳥のさえずりや小川のせせらぎで心を和(なご)ませたりといった、精神面での効果が大いに期待できます。
お役立ち 情報
広告


雑学 | Comments(0) |
ニキビは、頻繁に洗顔すると悪化するって本当?
ニキビに 悩む 女性

ニキビは、肌を不潔にしているとできるとよくいわれます。
10代の頃は、急激な体の成長によって、20代においては疲労やストレスなどによって、皮脂(ひし)が過剰(かじょう)に分泌されます。
すると、毛穴の皮脂を栄養にして生きる「アクネ菌」という細菌の活動が活発になります。

この菌の活動によって起こる炎症が、ニキビの主な原因となります。

アクネ菌を繁殖させないためには、確かにを清潔に保つ必要があります。
しかしながら、洗顔をしすぎると、逆効果になってしまいます。
何故なら、頻繁(ひんぱん)な洗顔は、必要以上の皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥してしまうからです。

肌が乾燥すると、肌の状態を正常に戻そうと、皮脂が過剰に分泌されます。
その結果、アクネ菌がさらに増殖してニキビが悪化するという、悪循環をまねいてしまうのです。
お役立ち 情報
広告


お役立ち情報 | Comments(0) |
「青い地球」の正体は、海の青さだけではなかった?
地球

かつて人類初の宇宙飛行士・ガガーリンがいった有名な言葉に、「地球は青かった」というのがあります。
これは、海の青さを指していったものと思われているようですが、実は、地球が青く見えるのは、だけではありません。
地球の写真をよく見れば、陸地まで青く見えることが分かるでしょう。

陸地が青く見えるのは、森林から出ている「青いもや」のためです。
昔から、中国や日本では、「青山(せいざん)」、ジャマイカやオーストラリアなどでは「ブルーマウンテン」などの言葉が使われてきましたが、これらも青い地球の正体の一部です。

くわえて、湿度の高い日本では、この青いもやが紫色に見えるため、「山紫水明(さんしすいめい)」という言葉も生まれました。
初夏の頃に、多くの山々が青く霞(かす)んで見えることがありますが、これも同じ現象です。

この青いもやは、植物から発せられるモノテルペンという化学物質によるものです。
その量はかなりのもので、推定で1億トンともいわれます。

モノテルペンは、地球に生い茂る樹木の生命力の象徴といえる物質です。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
トイレを「かわや」と呼ぶのは何故?
かわや

トイレのことを「かわや」と呼びますが、これは何故なのでしょうか?

昭和の初めまで、トイレのことを「かわや」といっていました。
かわやの語源は、ずばり、「川家」です。

昔は、川の上にトイレがつくられていて、そのまま汚物を川に流していました。
そこから、このように呼ばれるようになったのです。

日本の人口は、縄文時代(じょうもんじだい)の終わりで約7万6000人、弥生時代(やよいじだい)は約60万人、古墳時代(こふんじだい)は約540万人だったと推定されています。
このくらいの人数では、川の汚染問題も出なかったのでしょう。

その後、川に流していたし尿を溜(た)め込むようになるのですが、これは衛生上の理由からではなく、なんと、リサイクルのためで、5、6世紀に中国からし尿を堆肥(たいひ)に変える方法が伝わってきたからだといいます。

当時、朝鮮半島に政治不安があり、半島の技術者が大勢日本に渡ってきていました。
そのため、急激に日本の人口が増えました。
下肥(しもごえ、=し尿からつくった肥料)の技術者も、これらの人々の中にいたのでしょう。

それ以後、家畜や人間の排泄物が、肥料として田畑に還元(かんげん)されるシステムは、昭和30年代まで続いたのです。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告