CDの12センチというサイズは、ベートーベンの「第九」基準で決まった?
オーケストラ 交響楽団

CD、DVD、ブルーレイなどの光学式ディスクは、直径がすべて12センチです。
が、実はこのサイズに決まったのは、CDが開発される際、ベートーベンの「第九(交響曲第九番)」を完全に収録するためでした。

当初、日本のソニーとCDを開発していたオランダの電機メーカー・フィリップスは、直径11.5センチで、記録時間が60分のディスクを提案していました。

11.5センチという寸法は、一見半端な感じがしますが、これは当時主流だったカセットテープの対角線の長さと同じで、なおかつ、このサイズにすると、最大でぴったり60分の音楽が記録できるというところから出てきたものでした。

しかしながら、当時ソニーの副社長だった大賀典雄(おおが のりお)氏が、「これでは、ベートーベンの交響曲第九番「合唱」が完全に収録できず、2枚組みになってしまう。そうなると、値段が高くなって売れない」と主張。
演奏時間74分の第九が入る、直径12センチで、記録時間が75分のディスクを提案しました。

かくして採用された12センチサイズのCDは、その後世界規格となり、DVDやブルーレイディスクなどの直径にも引き継がれていったのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
お年玉を入れる袋の「ポチ」の正体は?
お年玉袋 ポチ袋

除夜の鐘が鳴り終わると、お正月
そして、お正月を迎え、子供たちが待ち焦がれるものといえば、お年玉ですね。

しかしながら、最近では、お金を入れて渡す袋を、「お年玉袋」ではなく「ポチ袋」と呼ぶ人が増えてきています。

この「ポチ」というのは、一体どこから来た言葉なのでしょうか?

ポチ袋の「ポチ」は、関西弁の「ぼちぼち(ポチポチ)」に由来する言葉です。
意味は、「少しだけ」です。

祝儀袋(しゅうぎぶくろ)ほど大袈裟(おおげさ)ではなく、旅館や料亭(りょうてい)で働く人に、お客が感謝の気持ちを込めて、気軽に少額のお金を渡す際に入れる袋として、明治時代に生み出されたのがこの袋なのです。

ポチ」の語源に関しては、他に、フランス語の“プチ”から来ているという説や、“ポーチ”から来ているとする説もあります。
が、江戸時代には、既に「ポチ袋」と呼ばれていたという記述があるため、この説は時代的に考えて不自然なようです。

ちなみに、同じく「ポチ」のつく言葉に「これっぽっち」がありますが、こちらも同語源です。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
え? 「さぼる」の語源は木の靴だった?
サボ 木靴

男性には、あまりなじみのない言葉かも知れませんが、女性が履(は)くに「サボ」というものがあります。

サボ(sobot)は、フランス語で「木靴(きぐつ)」という意味で、これはもともと、ヨーロッパの農民などが履いた、ブナ・クルミ・ハンノキ・トネリコなどの耐水性のある堅い木をくり抜いて作った靴です。

さて、「サボらないで働きなさい!」などと使われる「さぼる」という言葉ですが、これはその「サボ」が由来となっています。

話は、20世紀初頭まで遡(さかのぼ)ります。
当時、フランスでは、争議中(そうぎちゅう)の労働者らが、履いていた「サボ」で工場の機械を壊し、生産を停止させたりすることがありました。
そのため、ストライキなどの、意図的に仕事を行なわないことを「サボタージュ」と呼んだのです。

そして、この「サボタージュ」という言葉が、日本で動詞化され、「さぼる」という言葉が生まれたのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「最初はグー!」と最初にいい出したのは、志村けんだった?
ジャンケン
「最初はグー! ジャンケンポン!」

ジャンケンをするときのかけ声は、「ジャンケンポン!」が一般的ですが、これは、地域によってさまざまなバリエーションがあります。

たとえば、

「じゃんけん、じゃがいも、さつまいもっ」(沖縄県)
「じゃんけん、ジャガイモ、ヨ-ロッパッ!」(福岡県・福岡市)
「ちっけったっ」(埼玉県)
「「いーんじゃーんでーほーい」(大阪)
「「じゃっかん・ちー」(兵庫県・播州地方)
「どっこいし」「ださんがまーけよ、どっこいし」(北九州市)
「うんじゃんしょ!」(奈良県)
 ・
 ・
 ・
など、実にさまざまです。

※もっと知りたい方は、以下をクリック。
たくさんあって驚きますよ。おお!(゚o゚)



さて、ジャンケンをするときのかけ声で、「最初はグー」と最初にいい出したのは、ザ・ドリフターズの志村けんというのが定説となっています。

TBS系で毎週土曜日の夜に放送されていた「8時だヨ!全員集合」のコーナーで、志村けんと仲本工事(なかもと こうじ)がジャンケンをする際に、志村がこの言葉をいったことから流行したといいます。

この言葉はもともと、飲み会で酔いがまわり、「ジャンケンポン!」のタイミングが合わないため、

「じゃあ、みんな手を上げて! 最初はグーだよ」

と、志村けんが号令(ごうれい)をかけたのが始まりだったということです。

ちなみに、「あっち向いてホイ」は、萩本欽一が生み出したことは有名です。

参考にしたサイト
意外と知らない!?「最初はグー」の起源 - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2138935353372293701
『じゃんけん』各地方(方言)ではどのように呼んでいる? - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2136923686098926601
じゃんけんのときの掛け声などの方言 - OKWAVE
http://okwave.jp/qa/q3034165.html
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
スマホでは、スズムシの鳴き声は聞こえない?
ズズムシ

虫の鳴き声といえば、にぎやかなセミから風情(ふぜい)のあるスズムシまで、その種類はさまざまです。
が、これらの虫たちの鳴き声は、実は携帯電話を通すと、通信相手には聞こえないのです。

その理由は、スマートフォンを初めとする携帯電話が送ることができる、音声の周波数帯にあります。
携帯電話は、通信音声を聞きやすくするなどの理由から、人の声の高さにあたる300ヘルツ~3500ヘルツの周波数帯に対応しています。

しかしながら、セミやスズムシなどの泣き声は4000ヘルツ以上です。
そのため、電話の向こうにいる相手には聞こえないのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
「ワリカン」を考えたのは、あの有名人だった?
割り勘

喫茶店や飲み会などで会計をするときに、

「今日はワリカンで!」

などといいますが、これは一体、誰が考えたものなのでしょうか?

ワリカンは、漢字で「割り勘」と書き、「割り前勘定・割前勘定(わりまえかんじょう)」または「頭割り勘定(あたまわりかんじょう)」の略です。
この言葉が一般的に使われるようになったのは、明治時代以降とされますが、その起源は江戸時代に遡(さかのぼ)ります。

割り勘を考えついたのは、江戸時代後期に活躍した戯作者(げさくしゃ)・浮世絵師の山東京伝(さんとう きょうでん)といわれています。
彼には商才があり、東京の京橋(きょうばし)でタバコ屋もやっていましたが、とにかくケチで、友人や知人と酒を飲むときは、必ず勘定を頭割りにしました。

そのため、彼を知る人たちは、このような勘定のことを、「京伝勘定」と呼んでいたといいます。

ちなみに、同じく「カン」がつく言葉に「カンパ」がありますが、こちらはロシア語の「kampaniya(カンパニア、=政治・社会的活動のための募金活動のこと)」が語源となっています。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
バンドエイドは、妻思いの優しい夫によって発明された?-バンドエイド誕生秘話
バンドエイド

絆創膏(ばんそうこう)にガーゼパッドがあらかじめついていて、怪我をしたときに、そばにあれば大変便利な「バンドエイド」。
この「バンドエイド」は、どのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

「バンドエイド」は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)の商標で、1920年にアメリカで生まれました。
当時、同社の社員であった28歳のアール・E・ディクソンは、妻のジョセフィーヌが非常に不器用で、彼女が台所に立つたびに、火傷(やけど)や切り傷を負うことに頭を悩ませていました。

彼はその都度、妻の指にガーゼと粘着テープで手当てをしてあげていましたが、自分がいないときのことを考え、妻が1人でも手当てできる包帯を作ろうと思い立ちました。
そこで考えついたのが、テープと包帯を合体させた救急絆創膏です。

そしてこれが、「バンドエイド」の原型になったのです。

初めて製品化された「バンドエイド」は、幅9センチ、長さ54センチの、必要に応じて切って使うものでしたが、その後、今のような形態に改良されました。
そして、ついには、ジョンソン・エンド・ジョンソンの創業以来、最も大きな売り上げをあげる製品となりました。

なお、考案者のアール・E・ディクソンは、その功績を認められ、1929年に同社の取締役となり、1932年から1957年までは、副社長を務めました。

参考にしたサイト
ジョンソン・エンド・ジョンソン 100年史 第18話 | ジョンソン・エンド・ジョンソン
http://www.jnj.co.jp/group/history/18/index.html
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
え? 「アディダス」と「プーマ」は、兄弟喧嘩から生まれた?
アディダスと プ-マ
写真は、こちらからお借りしました。

今やスポーツ用品の世界的ブランドである「アディダス(Adidas)」と「プーマ(Puma )」は、ドイツ生まれの会社です。
が、実はこの2つの会社は、かつては「ダスラー兄弟商会(Dassler Brothers Ltd)」という、1つの会社でした。

「ダスラー兄弟商会」は、1920年に、兄ルドルフ、弟アドルフのダスラー兄弟によって創業された運動を売る会社でしたが、第二次世界大戦後、この会社のことを巡(めぐ)って、2人は大喧嘩をしてしまいます。

その結果、1948年に販売担当の兄のルドルフは独立して「プーマ」を、弟のアドルフは「アディダス」を、それぞれ設立することになったのです。

ちなみに、「アディダス」という社名は、アドルフのニックネームである”アディー”と、苗字(みょうじ)の「ダスラー」を組み合わせたものです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
人心を、思いのままに操る術がある?
催眠術 誘導

今でこそ”証拠物件”がなければ有罪を確定することはできませんが、かつては、自白だけで人間を死刑に追いやることができました。

やってもいない犯罪を”自白”させる方法は、ただひとつです。
相手の心を思うままに操り、誘導尋問(ゆうどうじんもん)にひっかけていくことです。

この手法は、催眠術(さいみんじゅつ)に似ていなくもありません。
精神医学によれば、1人の人間を、骨抜きのロボットにしてしまうのは、環境を劣悪(れつあく)にすることで、いかようにもできるもののようです。

かつて、朝鮮戦争で中国軍の捕虜(ほりょ)になった米軍兵士が、筋金入りの共産主義者となって帰国したことがありました。
この兵士を調べた精神学者たちによれば、彼は深夜に尋問を受け、心身ともにストレスがたまりにたまった状態で閉じこめられ、さらに仲間とも引き離されたということです。

こうなると、自分の意志や判断力はなくなり、尋問者に対して、みるみる従順(じゅうじゅん)になっていきます。
かくして、仲間を求める孤独な心は共産主義へとまっしぐら――というわけです。

映画「帝銀事件」などでは、密室の中で延々と尋問を受ける容疑者の姿が出てきます。
睡眠不足や疲れがたまり、自分では何も考えられなくなったところで、誘導尋問が始まります。
そしてやがて、警察がでっちあげた、設定通りの自白が始まるのです。
珍事件簿
スポンサーリンク


珍事件簿 | Comments(0) |
ドラえもんは、もともと黄色かったって本当?
ドラえもん_01
写真は、こちらからお借りしました。

ドラえもんは、量産型(りょうさんがた、=同じ型で大量に生産することを前提とした製品のこと)のため、もともとドラミちゃんと同じ黄色いボディーでした。

が、ある夜、寝ているときに、ネズミに耳をかじられてしまいます。
そのショックで泣き続けていたら、全身に施(ほど)こされていた黄色いメッキがはがれて、青くなってしまいました。

しかも、長時間泣き続けたことで、声も枯(か)れ果てて、ガラガラに。

耳があったときのドラえもん
耳があったときの ドラえもん
写真は、こちらからお借りしました。

ドラえもんは、その後ボロボロになった耳の除去手術を受けますが、ドラえもんがネズミを嫌いになったのは、このとき以来です。

参考にしたサイト
ネコ型ロボットなのに、耳がないのはどうして? | ドラえもんのひ・み・つ
http://dora-world.com/character/dora_secret.html
ドラえもんのボディカラーが青の理由について | 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2001980.html
漫画・アニメ
スポンサーリンク


漫画・アニメ | Comments(0) |
暗いところで本を読むと、本当に目が悪くなるのか?
読書する女性

子供の頃、「暗い所で本を読むと、目が悪くなるよ」と、よく親からいわれました。
が、これは本当なのでしょうか?

実は、暗所での読書は、目に一時的な負担をかけることはあっても、時間をおけば回復するようです。
そのため、これが視力低下の原因につながるという医学的根拠はないのだといいます。

しかしながら、目の疲れは、頭痛や肩こりなどを引き起こすことがあります。
そうした意味で、暗い場所での読書は、やはり避けた方が賢明のように思われます。

肩こりの 女性
お役立ち 情報
スポンサーリンク


お役立ち情報 | Comments(0) |
「くしゃみ」は、おまじないの言葉だった?
くしゃみ

誰かが自分の噂(うわさ)をしていると、くしゃみが出るといわれます。
くしゃみは、たいてい続けて出ますが、昔はその回数によって、

「一謗り 二笑い 三惚れ 四風邪」
(いちそしり にわらい さんほれ しかぜ)

また、

「一に褒められ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪引く」
(いちにほめられ にににくまれ さんにほれられ しにかぜひく)

などといいました。

さて、くしゃみの古い言い方である「くさめ」は、もともとくしゃみの生理現象そのものではなく、くしゃみが出たときに唱(とな)えるおまじないのような言葉で、陰陽道(おんみょうどう)の「休息万病(くそくまんびょう)」、あるいは「休息万命(くそくまんみょう」を早口でいったものだといいます。

また当時は、くしゃみというのは「鼻から魂が飛び出す不吉なもの」と忌(い)み嫌われ、人々はくしゃみが出ると、「くさめ くさめ」と唱えたといいます。

くしゃみ3秒前のネコ
くしゃみ3秒前の ネコ
「!ハ……」

ちなみに、英語圏においてもくしゃみは不吉の前兆とされ、くしゃみをした人には、

「(God) bless you.」
(神のご加護がありますように、お大事に)

といいます。

これは偶然だと思われますが、なんとも不思議な類似点です。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
「草津」の語源は、「臭かった」から?
草津温泉
草津温泉

「♪草津よいとこ、一度はおいで・・・♪」

と唄われる、日本三大名泉のひとつである群馬県の草津温泉。
一説では、奈良時代の僧・行基(ぎょうき)によって開かれたとされる、歴史ある温泉です。

草津の発音は、現在「クサツ」ですが、古くは濁った「クサズ」と呼ばれ、中世には「九草津」「草生津」「九相津」とも書かれました。

この「草津」の語源は、「臭水(くさみず、くさうず、くそうず)」が変化したものと考えられています。
温泉街の中心にある、湯畑(ゆばたけ)と呼ばれる源泉から吹き出すお湯は、硫化水素(りゅうかすいそ)の強い臭気(しゅうき)がしたことから、このような名前が生まれたといいます。

また、この温泉街が火山地帯に位置するために、「風化した溶岩が腐ったような状態になった處(ところ)」という意味の「臭處(くさと)」が「くさつ」に変化したものとする説もあります。

草津温泉 湯畑
草津温泉 湯畑

面白いところでは、源頼朝(みなもとのよりとも)がこの地を訪ねた際、草を刈ったところ湯が出たからとする説もあります。
が、これに関しては史実性が疑わしく、民間語源(みんかんごげん、=必ずしも言語学的に正しい説明がなされているわけではないが、広く流布している語源)とされます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
時計の針は、そもそも何故右回りなのか?-時計の発明と進化
振り子 時計

腕時計、置時計、はと時計、壁掛け時計、そして目覚まし時計と、時計の種類は変われど、当然のことながら、いずれの時計も、針は右回りに動きます。

が、時計の針は、そもそも何故右回りなのでしょうか?

これは、時計の針の回り方が、はるか昔から時間を計るために利用されてきた、「日時計」がもとになっているためです。
日時計では、太陽の影が右回りに動くため、時計の針も右回りとなったのです。

日時計
日時計

が、ここでひとつ疑問が沸きます。

南半球では、日時計の回り方が北半球とは逆の左回りになります。
それなのに、右回りの時計が世界のスタンダードとなったのは何故なのでしょうか?

その理由は、時計を発明したのが、北半球の人だったためです。

ここでいう「時計」というのは、「機械式」の時計のことです。
日時計や水時計であれば、はるか昔から世界中どこにでもありました。

世界最初の機械式の時計は、”時計の父”と呼ばれるオランダの物理学者・クリスティアーン・ホイヘンス(Christiaan Huygens、1629年 - 1695年)が発明した「振り子時計」とされます。
ホイヘンスは、ガリレオ・ガリレイの発見した「振り子の等時性(とうじせい)」を応用して、振り子時計を作ったのです。

クリスティアーン・ホイヘンス
クリスティアーン・ホイヘンス
写真は、こちらからお借りしました。

振り子の等時性
振り子の等時性3振り子の等時性2振り子の等時性1
※厳密には、振れがある一定以上になると、等時性は失われます。

が、これには異説もあり、725年に中国・唐で仏僧の一行が製作したとする説もあります。
この時計は、現在の機械式時計と同じように、脱進機構(だっしんきこう、=カチッカチッと、一定の時間間隔で歯車の歯を動かす仕組み)をもったものでした。

そして、時計はその後、クォーツ時計、電波時計、原子時計と、より正確に時を刻むものへと進化していきます。

時計の進化の様子


・日時計 ⇒ 不明(紀元前2000年)

・初期機械時計(動力:棒てんぷ) ⇒ 不明(14世紀頃から)

・振子時計
⇒ 発案:ガリレオ=ガリレイ(1583年) 実用化:クリスティアーン=ホイヘンス(1656・7年)

・クォーツ時計(水晶時計)
⇒ 発明:不明(1920年代) 市販化:セイコー(株)(1969年)

・電波時計
⇒ 特許取得発明者:遠藤 貴則、土田 隆、八幡 誠朗
(三菱マテリアル株式会社、出願日2001年7月25日、公開日2003年2月7日)

・原子時計
⇒ アンモニア型:ハロルド=ライオンズ
(米、1949年、アメリカ国立標準局(NBS)にて)
セシウム型:ルイ・エッセン
(英、1949年7月、国立物理学研究所(NPL)にて)

参考にしたサイト
時計を発明した最初の人物は誰ですか? - どの種類... | Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119459321
時計の歴史
http://www.mapbinder.com/Dictionary/Clock_History.html
時計のしくみ-調速機と脱進機- | Horology | TOKEI ZANMAI-時計三昧
http://www.tokeizanmai.com/escapement.html
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
「手を抜く」の語源は?
手を抜く 囲碁

「手を抜く」は、囲碁からきた言葉です。
囲碁で、今戦っている場所に石を打たずに、他の、もっと効率のよい場所に打つことを「手を抜く」といいます。

これによって、今戦っているところが不利になったとしても、全体として見れば、有利になることが多いのです。
従って、「手抜き」というのは、決して悪いことではないのです。

囲碁は、1度に1個しか石を置くことができません。
そのため、常に一番効率の良い場所に石を置こうとします。

今、係争(けいそう)中の場所があっても、それよりも効率の良い場所があれば、そちらに打った方が有利なので、「手を抜く」のです。

現在では、「手を抜く」という言葉は、「すべき手続きや手数を省くこと」という意味で、「仕事の手を抜く」、また名詞形で「手抜き工事」というように、悪い意味で使われています。
が、もともとそのような意味ではなかったのです。

なお、「手を抜く」と似た表現に、「手を焼く」というのがあります。
こちらの語源については、以下の記事をご参照ください。

「手を焼く」の語源は? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-552.html

参考にしたサイト
「手抜き」という言葉の語源は。。。。。。| Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010524835
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)