ガスタンクが球形、石油タンクが円筒形なのは何故?
ガスタンク 石油タンク 工場地帯

都会で生活していると、なかなか見る機会のないガスや石油のタンクですが、その形は、ガスは球形、石油は円筒形と決まっています。

しかしながら、過去を振り返れば、球形のガスタンクができる昭和31年以前はガスタンクも円筒形でしたし、今でもわずかですが円筒形のものはあります。

必ずしもこの形でなければならないということはありませんが、ガスタンクが球形になったのには、それなりの理由があります。

ガスには、圧力をかければかけるほど、体積が小さくなるという性質があります。
この性質を利用すれば、同じ容量のタンクでも、高い圧力をかければより多くのガスを貯蔵できます。

が、円筒形のタンクの場合、平面と曲面で圧力のかかり方が異なるので、圧力を上げていくとバランスが崩れ、タンクの鉄板が破損する虞(おそれ)があります。

球形のタンクであれば、球面にかかる圧力は均等になるため、円筒型のタンクのようにバランスが崩れることはありません。
そのため、球形の方が、より多くのガスを貯蔵できるというわけです。
このようなガスタンクのことを、正式にはガスホルダーといいます。

石油タンクの場合は、中の圧力を高くする必要はないため、コストの安い円筒形で充分です。
ただし、タンクを必要以上の高さにすると、タンク下部に重さによる圧力がかかりすぎるので、これも危険となるので、通常タンクの高さの限界は22メートルくらいとなっているようです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
ツムジの流れは、何で決まる?
つむじ

昔から、性格がねじれた人のことを「つむじ曲がり」などといいますが、さて、あなたのつむじは右巻きですか? それとも、左巻きですか?

中には、つむじが2つある人や、毛深い人であれば背中にもつむじがある人もいるかもしれません。
でも、これを「おかしい」と気にする必要はないのです。

人間には、ほぼ全身に毛が生えていますが、実は、すべて一方方向を向いて生えています。
この流れを「毛流」といい、そしてこの「毛流」の中心がつむじです。

つむじの数や場所は、毛の濃い薄いと同様、個人差でしかありません。
つむじが2つある人は、要は、大きな流れの中に、小さな流れが渦巻いていると考えれば良いのです。

ちなみに、頭髪の生え際がかなり後退してしまった人でも、産毛は残っているので、その流れを追っていけば、つむじの方向は分かります。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
赤十字の旗は、何故スイスの国旗に似ている?
J・H・デュナンといえば、赤十字結成の父として歴史に名を残す偉人のひとりです。
1859年イタリア統一戦争下の、ソルフェリーノを旅し、多く負傷者を目撃したことから国際赤十字の必要性を感じとったといいます。

国際赤十字は、1846年にスイスのジュネーブで結成されました。
その旗は、その名の通り白地に赤い十字でしたが、これはスイスの国旗とちょうど反対の色づかいになっています。

スイス 国旗
スイスの国旗

赤十字 旗
赤十字旗
写真は、こちらからお借りしました。

これは、国際会議の開催などのいろいろな面で援助し、デュナンの祖国でもあったスイスに対する敬意の表われからでした。
永世中立国として、第一次、第二次世界大戦も徹底して不戦を貫いた、スイスならではのことです。

参考にしたサイト
スイス国旗と赤十字旗の関係-国旗にまつわる備忘録
http://www.kokki-memorandum.com/no19.xhtml
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
五線星型に秘められた、ミラクルパワーとは?
五線星

星といえば、もう無意識にツノが5つのを一筆書きで描いてしまうほど、五線星型はポピュラーな形となっています。
が、実はこの星型、調べてみるとなかなか奥深い意味があります。

まず、かのギリシアの数学者ピタゴラスは、女性を2、男性を3、その和の5を結婚という人間の完全な姿だとしました。
この5を五線星型(ペンタグランマ)で表わしています。
彼は、自分の学校の紋章にも、この星型を用い、また健康のシンボルにもしていたといいます。

さらに、この五線星型は、中世ヨーロッパでは魔除けのおまじないでした。
この形には、最も美しいとされている1対1.618の黄金比が含まれていて、完璧で力のある形だとみなされていました。

また、一筆書きで描けるこの星型は、始まりもなければ終わりもない、永遠に循環する閉じた空間です。
なので、悪魔をこの空間に閉じ込めれば、外には出られなくなると当時の人々は考え、敷居などにこの星型の印を刻んでいました。

ゲーテの有名な小説「ファウスト」の中にも、この五線星型は登場し、メフィストフェレスを書斎に閉じ込めるという場面があります。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
掛け算の記号は、何故「×」になったか?
地図の建物記号や、地形記号、音楽ので使用する音符など、学校や日常生活では、かなりいろいろな記号を使っています。

数学でも、+、―、±、×、÷、=、<、>、∞など、これまたずいぶんと記号のお世話になっています。

さて、加減乗除のうち、数値を掛けることを表わす記号である「×」は、どのようにして決まったのでしょうか?

この記号の発明者は、17世紀のイギリスの数学者ウイリアム・オートレッド(William Oughtred、1574年3月5日 - 1660年6月30日)です。
当時は、既に「+、-」の記号は発明されていて、足し算・引き算は簡潔に表記できていたのですが、掛け算は、「2掛ける3は6に等しい」というような表現でした。

そのため、彼は掛け算も足し算・引き算のように、筆算でもっと簡単に表わせる表記法を考えようとしていました。

そして、ある日道を歩いているとき、教会の屋根に輝く十字架に目が留まり、そこで「×」のデザインがひらめいたといいます。

かくして1631年、ウイリアム・オートレッドの著書の中で、数学で初めて「×」の記号が筆算に利用されたのです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
意外や意外、雨粒の形はまんじゅう形?
雨粒

落下している雨粒を、1粒書けといわれたら、どんな形を描くでしょうか?

おそらく、きれいな球形や、アニメなどで見かけるスマートな涙形を描かれる方が多いのではないでしょうか。

確かに、は球状に降っているように見えますし、実際窓ガラスをう伝う水滴は涙形です。
が、空中を落下する雨粒は、実は横にずんぐりと広がった形をしていることが確認されています。

まずは、論理的に考えてみましょう。
水滴は、無重力状態で空中に浮いていれば、表面張力によって完全な球形です。
が、雨粒は空中を落下しているので、空気抵抗が加わり、変形します。
直径が2mm以下の雨粒の場合は、ほとんどが球の形で、雨粒が大きくなればその分空気抵抗も大きくなり、球形が押しつぶされて「まんじゅう形」になるというわけです。

このことが実際に確認されたのは1951年のこと。
北海道大学の孫野長治博士が、初めて写真撮影に成功して、雨粒の形がまんじゅう形であることが確認されました。
これは決して古いことではなく、その間ずっと、人間は雨粒にだまされていたと考えると、自然界には、まだまだ未知なる世界があるに違いないと確信させられます。

参考にしたサイト
雨の粒はどんな形をして、空から落ちて来てるのですか? - Yahoo! 知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1482440924
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告