Vサインは、チャーチルの専売特許?
”Vサイン”のVは、英語のVictory(勝利)の頭文字。欧米のスポーツ選手たちが、試合の勝利をアピールして、Vサインで決めます。このカッコいいポーズは、あっという間に世界中に広まりました。

日本では昔、「サインはV※」というバレーボールをテーマとしたスポーツドラマがありましたが、日本の若者はVサインが好きなようで、記念撮影をすると、必ず1人や2人はこのポーズをとります。

サインはV
実写版「サインはV」

写真は、こちらからお借りしました。

が、このサイン、もともとは第二次世界大戦中に、イギリスの首相だったチャーチル(Winston Churchill)が、連合軍の勝利をこのポーズで表現したのが始まりといわれています。
長くつらい戦争の終結という、言葉では言い尽くせない喜びが、思わずこの身振りとなって表われたものでしょう。

また、このVサインの始まりに関しては、他に、百年戦争において、イングランド軍の弓兵が、敵であるフランス軍を挑発するサインとして使用したのが最初であるという説もあります。

いずれにしても、実に象徴的なVマークです。もっとも、まったく同じ指を2本立てるサインに、平和を意味する”ピースサイン”があります。

この両者の違いは、サインの出し方にあります。
黙って出すと”Vサイン”で、「ピース!」といいながら出すと”ピースサイン”になるようです。

ちなみに、日本におけるピースサインは、写真撮影の時のポーズとして良く知られていますが、これに関しては、1960年代末の全共闘で、学生たちがピースサインをしている姿をテレビで見て真似たのではないかという説や、前述のドラマ「サインはV」の影響という説、また、1972年に井上順がコニカのカメラのCMでアドリブでピースサインをしたのを真似たのはないかという説などがあります。


※「サインはV!(さいんはブイ)」は、漫画家神保史郎(じんぼ しろう)、望月あきら(もちづき あきら)の作品。
1969年に、岡田可愛主演で、テレビドラマ化されて放送された。実写版スポ根ドラマ(スポーツ根性ドラマ)の草分け的存在で、当時、大人から子供まで幅広い年齢層に及ぶ熱狂的な支持を受けて、最高視聴率39.3%、平均視聴率32.3%を記録する大ヒット・ドラマとなった。
その後、1973年にも、坂口良子主演で、再び実写版がテレビ放送された(1969年放送版の4年後という設定)。

参考にしたサイト
サインはV
http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_a66c.html
ピースサインの本当の意味(補足)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n212597
Vサイン(と煙草)の危険性について
http://www.e-net.or.jp/user/visage/Blueses/Afternoon/20010830.txt
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
Googleが、ついに崩壊?
今日は、ちょっと趣向を変えて、面白サイトのご紹介です。
まずは、以下のサイトにアクセスしてみてください。

Google Gravity

英語版のGoogleのトップページと同じデザインが表示されます。

google gravity


最初は何も起こりませんが、しばらくこのページを表示させたままにしておくと、突然画面が崩壊して、ありとあらゆるものがどーん!と落下してきます。

はい、この通り!

google崩壊1


それでは、何か検索してみましょう。
ここでは、検索窓に「春一番」、と入れてみます。
検索窓は落下して、細かく振動した状態になってはいますが、検索は可能です。


結果はこの通り!
検索結果が、上から降ってきます。

google崩壊2


だからどうだということもありませんが、(^^; 疲れた時など、気分転換にこのサイトでちょっと遊んでみるというのも良いのではないでしょうか。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
マンホールの蓋は、何故円い?
マンホール

道路を歩いていると、ふと目にするマンホール。
近年では、市町村ごとにシンボルマークを入れたりと、なかなか凝ったデザインのものも登場しているようですが、変わらないのはその円い形。

地下に埋め込まれるコンクリートブロックは立方体でも、その上にある蓋だけは円形。

円は、人一人が出入りするのに、最も効率のよい形だといえますが、マンホールの蓋が円いのは、実はそのためだけではありません。
中に入って作業をする人の、安全確保のため、それが理由です。

もしもこの蓋が、正方形や長方形だったなら、万一ずれたとき、穴の直径が蓋の直径よりも大きくなってしまう場合があります。
そうなると、作業員の頭上に鉄製の蓋が落下する危険が生じます。

が、蓋が円形であれば、円の直径はどこをとっても同じ長さ。
穴よりも蓋の直径が大きければ、当然落ちるようなことがないわけです。

マンホールの蓋ひとつを造るにも、作業員の安全など、重要な要素が考慮されているのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
ヘアピンの一万年の歴史とは?
ヘアピン

いわゆるUピンが登場する前。ギリシアやローマの女性は、髪を止めるために、装飾用の長いストレートなピンを使っていました。
このピンは、形も機能も、現代の未開民族が使っている細い動物の骨や植物の茎とそっくりの棒状でした。

古代アジアの墓地から、多くのヘアピンが発掘されており、中には飾りが施してあるものもありますが、どれも形はシンプルなストレートピンで、1万年もの間、ヘアピンの形は変化しなかったことになります。クレオパトラが愛用したヘアピンも、象牙製で長さ17cmのものだったといいます。

それが、200年かけてU型のボビーピンに変身していきます。そのきっかけは17世紀のフランスの宮廷で、カツラが大流行したことで、カツラをしっかりとかぶるために、髪を短くするか、ヘアピンでしっかり止める必要があったからです。

18世紀に、イギリスでボビーピンと呼ばれるようになり、19世紀には現在の強化ワイヤーに黒ラッカーを塗ったものが大量生産され始めます。これで、1万年以上もの歴史をもつストレートピンは、すたれてしまったのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
レコードのシングル盤の穴は、何故大きい?
今や、日本ではほとんど見かけなくなったアナログレコードですが、レコードには直径30cmのLP盤と、直径17cmのシングル盤とがあります。
が、シングル盤の方は、真ん中の穴がかなり大きくなっています。
これは何故なのでしょうか?

これは、1949年頃に作られた、オートチェンジャーのシャフトの太さに合わせているからです。

オートチェンジャーは、シングル盤をいちいちかけ変える手間をはぶいて、LP盤の長時間プレイに対抗するために作られたもので、シングル盤8枚を、自動的に連続演奏できるようになっていました。

オートチェンジャー
オートチェンジャー
※写真は、こちらからお借りしました。

なので、別にシングル盤の材料を節約するために大きくなっているわけではありません。

ちなみに、当時はこの親玉のようなジュークボックスというものが喫茶店をはじめとする飲食店やホテルなどに置かれて流行しました。

ジュークボックス
ジュークボックス

ジュークボックスは、数100枚から2000枚程度のレコードを内蔵し、硬貨を投入することで動作する商業用の機械で、東武1720系電車(浅草~東武日光・鬼怒川温泉間の特急列車)で、列車内のサロン室に設置されていたことさえあります。
このジュークボックスの最盛期は1940年代から1960年代中頃までで、特に1950年代に大流行しました。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
一重まぶたと二重まぶた、目にとってはどちらが良い?
二重まぶた

一重まぶたははれぼったくて、二重まぶたは目がくっきり、というイメージがあります。
美容整形においても、一重を二重にする人はいますが、二重を一重にするという話はあまり聞きません。

ところが、目にとってはどちらが良いかというと、それは一重のほうなのです。

というのは、一重まぶたは、皮膚の下に脂肪が多いので、外気の冷たさから目を保護できますし、また外からの衝撃も和らげるので、目を守るのに都合が良いのです。

反面、二重まぶたは脂肪が少ないために皮膚がたるんだもの。
なので、一重まぶたの人でも、病気になったり、疲労が続いたり、また年をとったりすると、皮膚の下の脂肪が少なくなり、二重まぶたになる場合もあるのです。

見栄えのために一重を二重にするのも良いですが、目にとっては一重まぶたの方が良いとは、皮肉なお話ですね。
お役立ち 情報
スポンサーリンク


お役立ち情報 | Comments(0) |
トレンチコートの意外な用途?
トレンチコートの 男

「カサブランカ」という映画があります。
セピア調のスクリーンに、たばこをくゆらせたボギーが現れる、男ならば一度はあこがれたファッション、トレンチコートを着たハンフリー・ボガートの姿がそこにありました。

この映画は、第二次世界大戦を舞台に描いたものでしたが、トレンチコートはその1つ前の第一次世界大戦で生まれました。

トレンチコートは、布地を防水ギャバジン、両肩にとも布のおおい、左右に大きなポケットの、野戦専用の完全武装コートだったのです。

ちなみに、このトレンチ(trench)とは「(塹壕ざんごう)」のことで、たとえどしゃぶりの雨の中、泥んこになりながらでも戦えるようにと、イギリス軍が開発したものです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
星条旗が、桜に見えた日本人?
星条旗

スターズ&ストライプといえば、いわずと知れたアメリカの国旗。
これは、新たに州が認められるたびに星の数が増えていく、他に例のない可変式の国旗なのです。

星条旗は、1776年の生まれ。当時は13州しかなかったので、は現在のような横並びではなく、円を描いていました。
が、1818年に20周州に増えたため、まるく並べることができず、おまけに赤白のストライプも州の数を表わしていたので、これ以上増やすと線が細くなってかっこうが悪くなってしまいます。
そこで、ストライプは建国13州だけの象徴にして、増やすのは星だけにしたのです。

☆のマークは、日本でも商標などによく使われていますが、もとは西洋からの輸入品。
明治の初めに欧米を視察旅行した岩倉具視(いわくら ともみ)一行の記録によれば、星条旗は「条に桜の紋」と表現されています。

当時の日本人には、☆は桜に見えたのです。
☆が星として日本で普及するのは、明治も半ば過ぎてからのことだといいます。
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)