耳たぶの形が意味するものは?
日本では、耳たぶの大きなを「福耳」といい、福相のしるしとして喜ぶ習慣があります。
が、この耳たぶ、生きていくうえでは大きくても小さくても何の影響もありません。
一体、この耳たぶには、何らかの意味や必要性があるのでしょうか?

人間動物学の専門家の説によれば、耳たぶを含めた外耳の部分は、元来集音機の役割を果たしていたといいます。
かつては人間も、大自然の中で暮らしていたので、さまざまな危険から身を守るために遠くの音を聞き取ることは、生きていくために必要不可欠な能力でした。
そのため、人間の耳も他の動物たちと同じように大きく発達していたのではないかというのです。

しかしながら、文明が発達するにつれて、人間の暮らしに遠くの音を聞く必要はなくなってきました。
それで、今度は文明に反比例するように大きな耳は退化していき、かつての名残として耳たぶが残ったのではないかというわけです。

その他、耳たぶは性感帯として発達したのではないかという動物行動学者の珍説などもあるようですが、いずれにしても、科学のレベルで判断する限り、あまり「福」とは関係がないようです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
門松は、何故斜めの切り口なのか?
鏡餅(かがみもち)と並んで、めでたい正月のシンボルである門松(かどまつ)。
この門松が、戦国時代の抗争劇(こうそうげき)を物語っていたのをご存知でしょうか?

門松
門松

門松の松は松平家(のちの徳川)、竹は武田家の象徴で、竹が斜めに切られているのは、宿敵武田家を袈裟切り(けさぎり)にしてやろうという、松平家の心意気を表わしています。

毎年正月になると、竹(武田)を松(松平)が取り囲む門松を作って、今年こそ武田を討とうと、兵士たちを鼓舞(こぶ)したのです。

この門松のおまじない(?)が効いたのか、のちの長篠の合戦で、松平は織田と組んで武田を滅ぼします。
が、松平は武田との戦いで培った闘志を代々まで伝えようと、この門松を徳川の時代となっても飾り続けたのです。

そしてそれが、江戸の町民たちの間にも広まり、今に至っているわけです。

このような歴史的な由来はともかく、もしもこの竹の切り口が斜めではなく水平だったら、このような凛(りん)とした美しさはないように思いますが…。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(2) |
文字列のコード変換(URLエンコード、デコード)
文字列のコード変換(URLエンコード、デコード)
(URL Converter - Escape and Unescape, URL encode and URL decode)

変換元(Text to be encoded or decoded):


変換後(Text processed):


 
 
 
 
 


URLで使用されるエスケープコードを変換するためのスクリプトです。
URL文字列にスペースやカンマを使いたい場合、あらかじめエスケープコードに変換して埋め込む必要があります。
このスクリプトは、そのような時に使用します。
また、文字化けを起こしたメッセージを読みたいときなどにも使えるかと思います。

サンプルとして最初に表示されている変換元の文字列には、エスケープコードは含まれておりません。
が、例えばここで、「 Escape 」 ボタンを押すと、 「 21 July, 2013.html 」 ⇒ 「 21%20July%2C%202013.html 」と、エスケープコードを含む文字列に変換されます。
この場合、具体的にはスペース ⇒ %20 、カンマ ⇒ %2C変換が行なわれます。

変換元・変換後の文字列をすべてクリアしたい時には、 「 Reset 」ボタンを押して下さい。

Escape、Encode URL、Encode URL componentの動作の違い
 エンコード処理の実行に当たっては、それぞれjavascript関数のescape()、unescape()、decodeURI()関数を内部的に使用しています。
 そのため、以下のような動作の違いがあります。
 「 Escape 」ボタンでは、「!#$&'(),.:;」をエンコードしますが、「 Encode URL 」ボタンではエンコードされません。
 また、「 Encode URL 」ボタンは「#$&+,/:;=?@」をエンコードしませんが、「 Encode URL component 」ボタンではエンコードされます。
 デコード処理においても同様の違いとなります。

 これらの関数の動作の違いの詳細については、以下のサイトをご覧下さい。

 URLエンコードについて

 なお、このスクリプトにおいては、変換可能な文字列の長さは 1024 文字までです。

バージョンアップ履歴
2013.07.21 ver.1.00 完成。

謝辞: このツールを作成するに当たり、DJANGOさんの作成された文字コード変換を参考にさせていただきました。 この場を借りてお礼申し上げます。

スクリプト使用上の注意点
  ※このスクリプトは、javascriptで動作いたします。javascriptが切ってあるパソコン環境では動きませんので、切ってある方はONにしてご使用ください。
お役立ち ツール
広告


お役立ちツール | Comments(0) |
温泉マークの由来は?
温泉マーク

温泉マーク。別名、逆さクラゲ。
一時は、連れ込み旅館を指す言葉として使われたこともありますが、最近ではブティックホテルなどの言葉にとってかわられ、あまり聞かなくなりました。

さて、この温泉マークの由来は、社会科で習った地図記号からです。
地図記号では、波型の湯気3本をもって温泉を表わすことになっています。この記号を流用して温泉マークが考案されました。

温泉を表わす地図記号が使われだしたのは、1885年(明治18年)に陸軍参謀本部測量課、のちの陸地測量部が作った地図が始まりといわれています。

その元祖となったのは、意外にもドイツの地図記号で、これは明治維新の日本が政治機構など多方面でプロシア(ドイツ)に範を仰いでいたことを考えれば、当然のことかも知れません。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
頭の形は、幼児期の寝相で決まる?
眠る 赤ちゃん

よく、絶壁頭の人が、「オレ、赤ちゃんの頃、寝てばかりいたから…」などと言っているのを耳にします。
最近では、頭の形が良くなるようにと、赤ちゃんをうつぶせに寝かせたり、ドーナツ枕を使わせたりする親も多いようです。

それでは、本当に赤ちゃんの寝かせ方で、頭の形は決まってしまうのでしょうか?

人間の頭蓋骨は、およそ4つの骨が組み合わさってできていますが、生後まもなくから、骨がしっかりと組み合わさる2歳ごろまでが、頭の形が大きく変化する時期であることは確かです。

しかしながら、寝かせ方で頭の形が決定してしまうのかといえば、どうもそうではないようです。

赤ちゃんの頭は、左右均等には成長しません。
したがって、赤ちゃんは右の後頭部が大きくなると左に傾き、左の後頭部が大きくなると右を向いて寝るようになります。

つまり、寝かせ方で頭の形が変わるのではなく、頭の形で赤ちゃんの寝方が変わるというのが真相のようです。

また、絶壁頭も、寝かせ方とは何の関係もなく、大人になっても直らないのは遺伝のケースが多いのです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
ワイングラスの柄が長いのは何故?
ワイングラス

酒を飲むための器としては、ワイン用には柄の長い杯型グラス、ブランデーにはブランデーグラス、日本酒には杯(さかずき)と、酒の種類にあわせて千差万別です。

さらに、ワイングラスの中でも、白ワインはシェリーグラス、赤ワインならクラレットグラスと細かく分かれています。

が、白も赤もグラスの柄が長いのは同じです。

ワイングラスは、飲む時の手のぬくもりがグラスに注がれたワインに伝わらないように、柄を長くしてあります。
グラスを持つ時にも、親指と人差し指で柄の一番上をつまみ、小指で柄の下の台を押さえます。

このようにすると、カッコいいのはもちろんですが、これはワインの温度を上げないための持ち方なのです。

なので、高級レストランに行っても、このことを知っておけば、恥をかかなくてすみそうです?!
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
猫の瞳の形のハイテク機能?
猫は、暗闇でも良く物が見えます。夜間用の高感度の瞳を持っているからです。

が、暗闇でそんなに物が見えるということは、明るい昼間では見えすぎて困ってしまうことになります。
そこで、の瞳は日中、光を遮断するようになっています。

その場合、縦に絞り込んだ方が、より瞳を小さくできるようです。
人間のように丸い瞳の場合、瞳孔を動かす括約筋は、瞳の周りに配列されますが、縦長だと、上下で交差するだけですみます。

このような構造であれば、ちょうどまぶたを閉じるように、光を遮断できます。
もちろん、まぶたを閉じれば、猫の目は二重にシャッターが下りていることになります。

人間がまぶしい時、思わず目を細める行為を、猫はもっと効率よく、縦に細めているというわけです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告