カメの甲羅は、何故六角形?
のろい カメさん

童謡で、「もしもしカメよ、カメさんよ~。世界のうちでお前ほど、歩みののろいものはない~」と歌われているカメですが、これは嘘ではありませんでした。

カメの歩行速度は、ガラパゴスゾウガメで時速3.3km、地球上に現存する四肢動物のうちで、もっとものろいのです。

亀

その原因は、あの巨大な甲羅にあります。
カメの甲羅の重さは、なんと体重の3割にも達するというのです。
が、この甲羅のおかげで、カメは2億数千億年という膨大な時間を、少しも変わらず生き抜いてくることができたのです。

まず、見ての通り、甲羅は亀甲(きっこう)と呼ばれる六角形の骨がドーム状になっており、この構造は外圧に非常に強いのです。
また、太陽熱を受け、それを亀甲内に分布している血管内の血液に伝えるというソーラーシステムにもなります。

つまり、甲羅の角度を変えることにより、熱量を調整し、体温調整を可能にする、信じられないほどよくできたメカニズムを、カメは持っているのです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
レンコンには、何故穴がある?
レンコン

レンコンには、何故穴があいているのでしょうか?
「それは、カラシを詰めるため」と答える人は、きっとユーモアのセンスのある人だと思います。

レンコンは、漢字で書くと「蓮根」。実は、私たちが食べているのは、ハスの土の中にある地下茎(ちかけい)の部分です。
この地下茎には、いくつもの節があり、ストローを通したような穴があいています。

ハス 地下茎

さて、この穴は日光・栄養・水とともに、植物の成長になくてはならない空気を、地下茎の末端にまで行き渡らせるパイプの役目をしているのです。

ハスの葉で吸収された空気は、その葉の中心部にある2本の空気穴を通り、土中の地下茎へと送り込まれてきます。
ハスが生きる水田や湿地の水底で空気を取り入れるためには、これだけ太くてしっかりとしたパイプが必要というわけなのです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
クジャクの羽は、何故目玉模様?
クジャクの、あの美しい羽は何のためにあるのでしょうか?

一説には、雄が雌に対して求愛のデモンストレーションを行なうため、と考えられています。
が、実はもうひとつ、大切な役目がありました。

クジャクの羽の模様をよくみてみると、楕円形の目玉のような模様が無数にあることが分かります。
この目玉の模様には、敵を脅かす効果があるのです。

クジャクの羽
※クリックで拡大。写真はこちらからお借りしました。

人間も、カラスやハトなどの対策のために、畑やベランダに目玉印を掲げることがあるように、クジャクも敵がくると、パッと羽を広げて目くらまし作戦に出ます。
動物は、本能的に目のあるところが急所ということを知っているので、目玉模様に向かって跳びかかります。
すると、クジャクは羽の2、3本を残して、スタコラサッサと逃げおおせることができるというわけです。

あの美しい模様は、ただ美しさを誇示するためだけではなく、生きるために必要不可欠な防衛手段にもなっていたのです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?
10円玉

たまに、周囲にギザギザのある10円玉を見かけることはないでしょうか?

現在出回っている10円玉は、周りがツルッとしたギザギザのないもので、これは、1961年にチェンジしました。

硬貨の周りにあるギザギザは、もともとは高額硬貨を他と区別するためにつけられたものでした。
というのは、当時は10円玉が、硬貨としては最高金額だったのです。

が、やがて1955年(昭和30年)に50円硬貨が、そしてその2年後の1957年(昭和32年)に100円硬貨が発行されてからは、10円玉は高額硬貨の座を降りたというわけなのです。

そして、高額硬貨の座を失うとともに、10円玉の周囲からギザギザも姿を消しました。

なので、もしもあなたが、ギザギザつきの10円玉を目にしたら、それは50歳くらいになった「オジさん10円玉」ということになり、希少価値があることになります。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
コンビーフの缶詰だけ、何故円錐形をしている?
コンビーフ

色々な缶詰がある中で、コンビーフだけが円錐形をしています。
これは、何故なのでしょうか?

コンビーフの、あの独特の形は、ブラジル、アルゼンチンで始められましたが、当時は真空装置がなく、手でコンビーフを詰めていました。
缶に空気が入らないようにビッシリ詰めるには、あの形がベストだったのです。

そして、いつしかこれが世界中に広まり、コンビーフといえば円錐形というイメージがすっかり定着したのです。

もちろん、現在は真空装置もあるので、他の缶詰同様、丸い形にすることは簡単です。
というより、その方がコストもかからず、実際、今までのものよりも安い、円柱形のコンビーフも発売されています。
しかし何故か、円錐形の缶の方がよく売れてしまうのです。

クルクルと缶を空け、カパッとふたをとると、コンビーフがその形のままで現われます。
今でも、世界中の人々が、そのイメージから離れられないというわけです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
電気プラグの先にある穴は何?
電気プラグ

もはや電気製品なしの生活など考えられない現在ですが、その電気を得るために電気器具についているのが電気プラグ。
が、この電気プラグの先端についている2本の金属板をよく見ると、先の方に丸い穴があいています。
これは、一体何のためにあけてあるのでしょうか?

これは、プラグが簡単にコンセントから抜けないように考えられた、賢い工夫なのです。
プラグの先の部分は、コンセント内の2枚の金属板にはさまれて固定されるわけですが、これだけでは入りやすいと同時に、抜けやすくもあります。
そこで、はさむ側の金属板の中央付近に小さなコブ状の突起をつけ、はさまれる側の方には穴をあけ、両者がかみ合うことで抜けにくくしたわけです。

これならば、軽く引っ張られたくらいでスポッと抜けることはなくなるわけです。

だからといって、プラグが抜けるほどの衝撃を与えていいわけではありません。
大きな衝撃を与えると、ACプラグ本体はもちろん、電気製品自体も故障しかねないので、ご注意を。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
弱者か強者かは、目の位置で分かる?
強者 ライオン

目が顔の前についている動物と、顔の両側についている動物がいるのは何故なのでしょうか?

これは、それぞれの動物を頭に思い浮かべてみると、おのずと答えが見えてきそうです。

まず、目が顔の前についている動物は、ライオン、虎、豹(ひょう)などの肉食獣が主です。
彼らは、獲物を狙う側におり、自分が狙われることはあまりありません。
敵の襲来におびえて、あたりを見回す必要がほとんどないので、前についているわけです。

一方、目が顔の両側についている動物といえば、キリンやうさぎなどの狙われる側の草食動物が主です。
彼らは、絶えず敵の襲来を警戒して、前後左右を見回していなければならないので、目が離れてしまったようです。

このように見てみると、動物の造形というのは、造物主の気まぐれで作られるわけではなく、生きる必要に迫られて形づくられるといえそうです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
ズボンの折り返しには、どんな意味がある?
ズボン

既製品でもオーダーでも、ズボンに折り返しをつけるかどうかは本人の希望次第です。
ところで、この折り返しは何のためにあるのでしょうか?

中には、折り返しがあるのがフォーマルで、ないのがカジュアルだと思っている方がいらっしゃるかも知れません。
が、実はこれはフォーマルとはまるで関係のないことから始まったものです。

イギルスでは、ズボンの折り返しをマッキンと呼んでいます。
というのも、マッキンレー卿という人が最初にこの折り返しを始めたからです。

マッキンレー卿は、雨の日にズボンが汚れるのを嫌い、裾を折り返しました。
彼には、この格好が何ともダンディーに感じられ、以後、洋服屋に折り返しのついたズボンを作らせるようになったのです。
そしてそれが、いつしかファッションとして定着するようになったのです。

また、他の説としては、スポーツをするときに、邪魔になった裾を折り返したのが始まりとするのもあります。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告