ひな祭りは、平安貴族の一気飲み大会だった?
ひな祭り

三月3日のひな祭りと言えば、女の子の節句ということは誰でも知っていることでしょう。
が、それではその由来は? と聞かれて答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか。

ひな祭りの元祖は、4世紀頃に中国で貴族たちが行なっていた「曲水(きょくすい)の宴」といわれています。
「曲水の宴」は、昔から旧暦3月の始めの巳の日か3月3日に、人々が水辺に出てみそぎをし、災厄を除いたという故事にちなんだ催しで、それがいつしか貴族たちの遊びになったものでした。

庭園につくられた小さな川(きょくすい)に沿って人々が座り、上流から流される盃が、自分の前を通りすぎる前に自作の詩歌をつくり、流れに浮かぶ盃を取りあげ、酒を飲みほすという何とも優雅な遊びでした。

その遊びをするために、当時の庭園には、必ずこうした曲水がつくられていたほどです。

この遊びはやがて日本にも伝えられ、しばしば貴族たちの間で催されました。
万葉集には、大伴家持(おおとものやかもち)の屋敷で宴が開かれたという記述があります。
が、文献によれば、それも平安初期までのわずかな期間だったとのことです。
そして、それ以後、この「曲水の宴」はほとんど廃(すた)れてしまいました。

廃れはしましたが、完全になくなったわけではありません。3月3日の水辺のみそぎという部分だけが残り、やがて人形を水に流して汚(けが)れをはらう「流し雛(びな)」の風習として後世に伝えられることになったのです。

ところで、それでは何故この「曲水の宴」は廃(すた)れてしまったのでしょうか?
確かなことは分かっていませんが、この遊びのルールが厳しすぎたことが、その可能性のひとつとして考えられます。

この宴では、盃が自分のところに来るまでに詩をつくらないといけなかったわけですが、つくれなかった場合は、罰として、大杯に酒を3杯、一気飲みしなくてはならなかったのです。
これでは、気のきいた詩ができず、一気飲みの連続で、酔いつぶれてしまう者が続出で、宴にならなかったのではないかと思われるからです。
雑学 リンク集
広告


雑学 | Comments(0) |
火山の噴火を予知した伊豆のワニたち?
ナマズ

地震を予知する動物というと、ナマズはあまりにも有名ですが、他にもドジョウ、フナ、クチボソ、キジ、カラス、鳩、ウサギなどもいます。
が、火山の噴火を予知できる動物というと、ワニだけかも知れません。

伊豆の東海岸、熱川(あたがわ)バナナ・ワニ園の数種のワニたちが、対岸にある大島の三原山噴火を予知していました。
当時の飼育課長によれば、1986年の噴火のときは、その数日前からワニたちが落ち着きをなくし、噴火当日まで「ウォーッ、ウォーッ!」と不気味な声で泣き続けたそうです。

そして、翌1987年の噴火のときも、同じように「ウォーッ、ウォーッ!」と鳴き、迫り来る危険を知らせたということです。

熱川バナナ・ワニ園には、数種のワニがいますが、一番先に噴火を予知したのはミシシッピーワニで、次にナイル種、シャム種と続き、呼応したようです。

熱川バナナ・ワニ園
熱川バナナ・ワニ園
写真は、こちらからお借りしました。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
男性の新厄年は50代前半?
虎ノ門 金刀比羅神社 厄除け参り

昔から、男性の厄年の中でも最大の「大厄(たいやく)」は42歳といわれ、前の41歳を前厄(まえやく)、後の43歳を後厄(あとやく)と呼び、その年は忌みつつしまなければならないとされてきました。

が、最近になって、男性の厄年は50代前半であるという新説が出てきました。
何を根拠にそのような新設が出たのかというと、それは昭和62年1月以降、相次いで見られた大企業トップの急死です。
トンボ鉛筆の社長小川浩平、日本軽金属の社長浅野康介、大洋漁業の社長中部次郎、セイコーエプソンの社長服部一郎、資生堂の社長大野良雄など、いずれも50代前半から60代半ばで、第一線で活躍している人たちばかりでした。

ちなみに、死亡原因は、心疾患や脳内出血が圧倒的で、労働研究所の井上枝一郎は、これを『メンタルな仕事ばかりが増えて、体を使わなくなったという現代の仕事内容の変化に中高年は適応できないからだ』といっています。

大厄の年齢が上がったとはいえ、恐ろしい話です。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
「とどのつまり」のとどって何?
ボラ

いろいろあったけれど結局は、という意味で、「とどのつまり」といいますが、このとどとは、一体何なのでしょうか?

「出世魚」という、成長とともに呼び名が変わる魚がいますが、「とどのつまり」のとどは、そのような出世魚の仲間であるボラの、最後の呼び名なのです。

ボラは、春になると川に上り、秋になると海に戻って、海のやや深いところで越冬するという生活を、通常3年間続けます。
この間、成長するわけですが、その呼び名は成長のつど変わります。

東京周辺では、最も小さいときが「おぼこ」、河口の浅いところなどで見かける5cm前後のものを「いなっこ」、波間にジャンプする頃を「すばしり」「いな」などと呼びます。

さて、ボラと呼んでもらえるのは、だいたい30cmを超えた頃からです。
そして、50~60cm以上の大物になると、初めてめでたく「とど」の名を襲名するのです。

ところが、この寸法以上のボラは、4歳になると外洋に出て行き、帰らなくなるため、ほとんど見ることができなくなります。

かくして、人間のすぐ近くを及び回っていたボラは、「とど」と呼ばれる頃を境に、急に視界から消えていきます。
それで、「とどのつまり」というわけです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
スキヤキは戦場で生まれた?
スキヤキ

冬の寒い日に、鉄鍋で牛肉、野菜、豆腐などを入れてグツグツ煮込んだスキヤキを食べるのはちょっとしたぜいたくですが、このスキヤキが戦場で生まれたことをご存知ですか?

戦国時代、戦いに明け暮れた武士や雑兵(ぞうひょう)たちにとっては、体力が勝負。いざ合戦となると、体力のつくものを腹いっぱい食べて、戦場に赴きました。
それも、白米と味噌汁が最高のご馳走で、栄養価も高い食べ物だったようです。
また、納豆、かつお節、梅干しなども高たんぱくで、よく食べられていました。

しかし、戦いが長期化してきたり、はたまた激戦になってきたりすると、ご飯が喉を通らなくなってきたり、食べる暇もなくなってきたりします。
そういうときは、ご飯をお粥(かゆ)にして胃の中に流し込んだようです。

さて、いよいよ食べるものがなくなってくると、木の根から草まで、何でも食べて体力をつけました。こうした状況から生まれたのがスキヤキと言われています。

田んぼや畑を耕すスキやクワは鉄でできているので、これを鍋代わりにして、牛や馬とかの獣の肉を、野菜などといっしょに焼いて食べたのです。これがスキヤキの始まりです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
「酒風呂」で全身がポカポカになる?
入浴剤

最近では、色々な種類の入浴剤があり、例えば、花の香りでリラックス、炭酸ガスで血行促進、各地の有名温泉と同じ成分を含有など、さまざまな効用をうたったものが市販されています。

が、こんな便利なものがない時代から、「酒風呂」という優れた療法がありました。

酒風呂の作り方は簡単で、体温よりも1~2℃高く沸かしたお湯に、日本酒約4合を入れてよくかき混ぜる、これだけです。

そして、この湯にゆっくりと時間をかけてつかっているだけで、次第に体がポカポカしてきます。
これは、アルコールが皮膚から吸収され、血管が開いて血行がよくなるためです。

さらにうれしいのは、それにつれて新陳代謝も促されるので、体の中の老廃物が出て行き、疲労回復にとても良く効きます。

ちょっと風邪気味かなというときにもいいですし、肌がツルツルになるという、女性にはうれしい効果もあります。

ちなみに、酒風呂に使うお酒は、一番安いものでも十分です。
お役立ち 情報
広告


お役立ち情報 | Comments(2) |
テレビ中継で、こちらの声が少し遅れるのに、相手の声はすぐ聞こえるのは何故?
中継車

海外からのテレビ中継で、日本の声が相手に届くまでに少し時間がかかるのに、向こうの声はすぐに聞こえるのは何故なのでしょうか?

通常の国際電話は、光速光ファイバーを使うのですが、テレビ中継のような映像を含んだ大量の情報を送る場合には衛星を使用しています。
こちらの声は、光ファイバーで相手側に即座に伝わるのに対して、相手側の声は映像と同じ衛星回線を経由して送られてくるので、少し時間がかかります。

衛星使用の場合、衛星までの距離が約36000キロメートルと、光ファイバーの数倍になるため、通信時間に差ができます。映像上は、あたかもこちらの声が少し遅れて伝わったように見えるだけです。
雑学 豆知識

広告


雑学 | Comments(0) |
ただで国際電話をかける方法とは?
国際線 羽田空港

国際線スチュワーデスの間では、こんな方法で彼氏と連絡をとっているそうです。

例えば、飛行機がニューヨークに着くとします。そうしたら、すぐに日本の彼氏にコレクトコールをかけます。
すると、交換手が相手先にこう言います。

「ニューヨークから国際電話がかかっていますが…」

これで、彼氏は、彼女がニューヨークに着いたことを知ります。あとは

「ノー」

と言って電話に出なければ、電話代はただというわけです。

さて、中には、この方法をさらに発展させた悪いヤツもいます。
海外から自宅にコレクトコールをかけるのですが、交換手の、

「海外から、コレクトコールがかかっていますが、受けますか?」

という質問に対して、あらかじめ奥さんには「イエス」とも「ノー」とも言うな、と言い含めておくのです。
そして、

「私、英語は分からないの」

ととぼけてみせるのです。

そこで、本来は「電話を受けるか、受けないか」という会話しか許されないはずなのですが、すばやく

「元気か? 漬物を送ってくれ」

などと短い会話をかわし、交換手には、

「相手は、電話を受けないと言っています」

と言って切ってしまいます。

ただし、ロサンゼルス、ニューヨークなどには、日本語の分かる交換手がいますので、この手は通用しません。ご用心。
お役立ち 情報
広告


お役立ち情報 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告