「旦那日和」とは、どんな天気?
旦那日和 晴れ 雨

「旦那日和〈だんなびより〉」とは、夜の間だけ雨が降り、昼間は晴れるという、たいへん都合のよい天気のことです。

ちなみに「旦那(檀那)」は、もともと仏教から来た言葉で、梵語でダーナといいました。これに中国で漢字を当てはめたのが、旦那(檀那)です。

意味は、「布施」、または「布施する人」ということで、 これがだんだんと人にいろんなものを与えてくれる人、養ってくれる人を指すようになり、ついには、主人や目上の人をも指して旦那と呼ぶようになりました。

語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
今売れている、携帯音楽プレーヤーベスト10は?
apple_ipod_nano_8gb.jpg

日経パソコン12月8日号によれば、現在売れている携帯音楽プレーヤーベスト10は、以下の通りです。

 1位iPod nano 8GBアップル
 2位iPod nano 16GBアップル
 3位iPod shuffle 1GBアップル
 4位"ウォークマン Sシリーズ" NW-S636FK(4GB)ソニー
 5位iPod classic 120GBアップル
 6位"ウォークマン Sシリーズ" NW-S636F(4GB)ソニー
 7位"ウォークマン Eシリーズ" NW-E023F(1GB)ソニー
 8位iPod nano 4GBアップル
 9位"ウォークマン Eシリーズ" NW-E025F(2GB)ソニー
10位iPod touch 8GBアップル

しかし、さすがアップル、強いですね。
広告


バラエティー | Comments(2) |
2009年の年賀状は、自分で印刷する?
年賀状

日経パソコン12月8日号によれば、近年は年賀状を自宅で印刷する人が非常に多いようです。
その内訳は、以下の通りです。

174.3%必要な枚数すべてを自宅のプリンターで印刷
27.85%メール・携帯ネット使用
36.5%自宅のプリンター印刷と市販・注文印刷の併用
46.2%市販年賀状や注文印刷のみ
52.2%自分では印刷しない(会社年賀状などを印刷)
63.0%その他(手書き、喪中など)
gooサーチと日経パソコンによる共同企画調査

この調査は、ネットユーザー1000人を対象に実施されたものですが、それを差し引いても、手書きの年賀状は、既に前世紀の遺物となってしまっている感がありますね。
淋しい限りです。
バラエティー
広告


バラエティー | Comments(0) |
赤塚不二夫の漫画、人気キャラクターベスト10は?
バカボンのパパ
写真は、こちらからお借りしました。

2008年11月1日(土)にフジテレビで放送された、『これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説』での調査によれば、赤塚不二夫の漫画に出てくる人気キャラクターベスト10は、以下の通りです。

 1.バカボンのパパ(天才バカボン)
 2.アッコちゃん(ひみつのアッコちゃん)
 3.ニャロメ(もーれつア太郎)
 4.ウナギイヌ(天才バカボン)
 5.おそ松くん(おそ松くん)
 6.本官(天才バカボン)
 7.イヤミ(おそ松くん)
 8.ケムンパス(おそ松くん)
 9.ハジメちゃん(天才バカボン)
10.レレレのおじさん(天才バカボン)
漫画・アニメ
広告


漫画・アニメ | Comments(0) |
2008年「今年の漢字」と、そのベスト10は?
漢字

12月12日、日本漢字能力検定協会が公募で選ぶ「今年の漢字」が、恒例通り京都市東山区の清水寺で発表されました。
今年の漢字に選ばれたのは「変」です。
その他、ベスト10候補にあがった漢字は、この「変」を含めて以下の通りです。


 1位「変」(6031人)
 2位「金」(3211人)
 3位「落」(3158人)
 4位「食」(2906人)
 5位「乱」(2321人)
 6位「高」(2100人)
 7位「株」(1995人)
 8位「不」(1786人)
 9位「毒」(1693人)
10位「薬」(1611人)

2008年は、日本の首相交代やオバマ次期米大統領の「チェンジ」(変革)、株価暴落や円高ドル安などの経済の変、また世界的規模の気象異変による地球温暖化問題の深刻化、その他食の安全性に対する意識の変化、北京五輪での金メダル獲得など、まさに変化の年でした。

参考にしたサイト
2008年「今年の漢字」上位10文字 その理由は?- msnニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081212/trd0812121830010-n1.htm
広告


雑学 | Comments(0) |
ビタミンの摂りすぎもまた害?
ビタミン 野菜 トマト

ビタミンが不足すると、体にいろいろな障害を起こすことが知られています。
それでは、たくさん摂れば良いのでしょうか?

実は、これもまた良くないのです。
例えば、ビタミンAを大量に摂りつづけると、肝臓障害を招きます。
この場合、自覚症状としては食欲不振・脱毛・唇が割れる、肝臓が腫れるなどですが、これらの症状は欠乏症と良く似ているので、まだ不足していると思い込み、さらに大量に摂るといった例も見られます。

統計データから言うと、ビタミンDの摂りすぎが多いようです。
これは、ビタミンDを大量に摂ればそれだけ骨が丈夫になるであろうという考え方からだと思われますが、ビタミン剤の大量療法などはない、というのが医学の常識です。

また、ビタミンCは水溶性なので、大量に摂っても害はないと言われていますが、これさえも、取りすぎるとまれに腹痛や下痢を起こしたりすることがあります。

何事も、「過ぎたるは及ばざるが如し」のようです。
広告


雑学 | Comments(0) |
「ムーアの法則」とは?
半導体 ムーアの法則

ムーアの法則とは、「半導体の集積密度が約2年で2倍になる」というもので、インテルの創設者の一人であるゴードン・ムーア氏が、1965年(昭和40年)に学会で提唱しました。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
広告


雑学 | Comments(0) |
「世界一長い爪」の記録をもつのは誰?
「世界一長い爪」の記録をもつのは、アメリカのユタ州に住む女性、リー・レドモンドさん(65)。
リー・レドモンドさんの爪の長さは、7メートル51センチで、ギネスブックに認定されています。



27年かけて爪をのばしたレドモンドさんは、つめを最高の状態に保つために、汚れたときは歯ブラシで掃除し、常にマニキュアをし、さらに、温めたオリーブオイルと爪硬化剤を毎日塗る手入れを かかしません。

が、彼女はアルツハイマーの夫の介護のために、現在はこの爪を切ってしまったようです。

参考にしたサイト
世界一長い爪をもった人物は誰ですか? - Yahoo! 知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1319162003
「世界一長いつめ」は7.5メートル、ギネス認定 - made in 30
http://madein30.exblog.jp/3451379/
広告


雑学 | Comments(0) |
「マトリョーシカ」とは?
マトリョーシカ

「マトリョーシカ(matryoshka)とは、ロシアでつくられている木製の人形です。
マトリョーシカは、胴体の真ん中で2つに分割できるように作られており、その中には、一回り小さな人形が入っています。そして、その中にはまた、さらに一回り小さな人形が入っています。
そのような構造のため、マトリョーシカには手はなく、胴体や細い頭部からなる筒状の形をしています。

1900年のパリ万国博覧会で銅メダルを獲得したのをきっかけに、マトリョーシカはロシアの民芸品として広く知られるようになり、伝統的な女性像が描かれているもののほか、大統領などの有名人、動物、カエルなど、ロシア各地で様々なデザインのものがつくられるようになりました。

最近では、マトリョーシカの絵付けを楽しみたいという方のために、無地のものも販売されています。

参考にしたサイト
・・・・・(・o・)ノ ロシアの人形... - Yahoo! 知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012755280?fr=rcmd_chie_detail
カラメル - みんな大好き!ロシアの人形「マトリョーシカ」&雑貨
http://okini.calamel.jp/?eid=248
アーティストのマトリョーシカ2
http://www.rosianotomo.com/matryoshka/matryoshka3.htm#muji
広告


雑学 | Comments(2) |
習った覚えはあるけれど、内容をよく覚えていない理科・科学の法則ベスト10は?
科学の法則

学校を卒業して早や○年、習った覚えはあるけれど、内容をよく覚えていない理科・科学の法則たち。
そんな法則には、一体どういったものが連なっているのでしょうか?

さて、以下がそのベスト10です。

1.パスカルの法則
2.ジュールの法則
3.ベルヌーイの定理
4.フレミングの右手の法則
5.オームの法則
6.ケプラーの法則
7.ムペンバ効果
8.フレミングの左手の法則
9.シュレディンガーの猫
10.ボイル=シャルルの法則

中学・高校時代に、理科や化学、物理の授業でさんざん頭を悩ませた数々の法則たち。
そして、あれほど一生懸命に覚えたはずなのに、学校を卒業した途端に、きれいさっぱり忘れてしまった方も多いのではないでしょうか。

そんな理科・科学の法則の中で、忘却度No.1に輝いた(?)のが、『パスカルの原理』です。
これは、「容器内の液体にある面から圧力を加えると、同じ高さの別の面にも同じだけの力が伝わる」というものでしたね。
この原理を使用した代表的な例が、自動車の油圧ブレーキ。
片足でアクセルやブレーキを踏むだけで重たい車を簡単に動かせるのも、実はこの『パスカルの原理』の応用だったのですね。

No.7の「ムペンバ効果」は、「特定の状況下では高温の水が低温の水よりも短時間で凍る場合がある」というもの。
最近TVで取り上げられたこともあるので、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

No.9の「シュレディンガーの猫」は、量子力学における有名なパラドックスのことですね。

さて、この記事を読んで、「ヤバイ! みんな忘れている!」と思った皆さん、この機会に分かりやすそうな科学の入門書でも読んで、もう一度これらの法則を復習してみてはいかがでしょうか?

参考にしたサイト
聞き覚えはあるけど内容はわからない理科・科学の法則ランキング - gooランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/015/science_content/
バラエティー
広告


バラエティー | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告