節分は、実は年に4回ある?
節分 鬼 豆まき

「節分(せつぶん)」と聞くと、2月3日(2月4日のときもあります)を連想します。
が、実は節分は、本来年に4回あるのをご存知でしょうか?

そもそも節分とは、「節(=季節)」が「分かれる(移り変わる)とき」のことで、季節の変わり目を指していました。
旧暦では、立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)で、それぞれの前日はすべて「節分」と呼ばれていたのです。

その中でも、2月の節分が特に注目されるのは、旧暦では1年の始まりが立春にあると考えられていたためです。
立春を新年とすると、その1日前の節分は、大晦日(おおみそか)にあたります。

大晦日には、民間では柊(ひいらぎ) の枝にいわしの頭をつけて門戸にかざし、また日暮れに豆まきをして追儺(ついな、=厄払い)を行なう習慣があります。

豆まきは本来、その年の最後を締めくくる行事だったのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
えっ? マンガで有名な「亀有」は、もともと「亀無」だった?
亀有駅
亀有駅
写真は、こちらからお借りしました。

亀有出身の漫画家、秋本治による漫画作品「こちら葛飾区亀有(かめあり)公園派出所」の舞台としても有名な、東京の下町「亀有」。
ここ亀有は、江戸時代には既に交通の要所として栄えていましたが、ここはもともと亀有ではなく、「亀無(かめなし)」という地名でした。

亀無の由来は、周辺の土地が「亀」の甲羅(こうら)のような島状の形を「成す」ことからつけられたということで、室町時代の文献(ぶんけん)からは、「亀梨」や「亀無」という漢字が当てられていたことが窺(うかが)えます。

しかしながら、1645年(小保(しょうほう)元年)に江戸幕府が正保国絵図(しょうほうくにえず)を作成する際、「なし」では縁起(えんぎ)が悪いという声が地元の人たちから上がり、「亀有」への変更を願い出たといわれています。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

ちなみに、前述した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では、この地が作品の舞台として登場しますが、実際には、亀有駅北口に亀有駅北口交番、「亀有公園」は存在するものの、「亀有公園前派出所」という名の交番は存在しません。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
十二支に「猫」が入っていないのは何故?
猫の十二支
猫の 十二支
写真は、こちらからお借りしました。

十二支(じゅうにし)は、古代中国で生まれました。
この十二支は、日本を始めとして、韓国、モンゴル、タイ、ベトナムなどの国々にも伝わっています。

しかしながら、面白いことに、十二支で使われている動物は、国によって少しずつ違っています。

たとえば、中国ではイノシシは豚、タイやベトナムではウサギの代わりに、なんと、が選ばれているのです。

日本の十二支の動物は、神様の呼びかけによる競争がきっかけで選ばれたという伝説があります。

この伝説によれば、この競争を開催する日について、猫がネズミにウソを教えたため、猫はこれに参加できず、十二支に入れてもらえなかった。
そのため、それ以後、猫はネズミを恨(うら)み、追いかけ回しているのだといいます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
演歌は、もともと演説の歌だった?
「♪あなた~ 変わりは~ ないですか~♪」
演歌を 歌う ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

日本人の心や情念などを、こぶしを利かせて歌い上げる「演歌」。
この言葉の語源は、明治時代の自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)と関係があるのをご存知ですか?

当時、自由民権の運動家たちは、自由や平等の思想を広めるために、演説を歌に変え、歌ってその思想を説きました。
この「壮士演歌(そうしえんか)」と呼ばれた歌が、「演歌」の元祖なのです。

が、その後は時代の変遷(へんせん)とともに、この「演歌」からは政治色が消えていきます。
そして、酒や海、男女の情愛などをテーマに歌われるようになると、「艶歌(えんか)」と呼ばれるようになりました。

しかし、戦後には、「艶」という漢字が当用漢字に含まれていなかったことから、再び「演歌」に戻ったといわれています。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「印象派」は、もともと悪口から生まれた言葉だった?
【クロード・モネ】 庭の女たち
【クロード・モネ】  庭の女たち
写真は、こちらからお借りしました。

印象派の画家は、日本人にも大人気ですが、もともとこの「印象派」という名称は、批評家による悪口だったといいます。

1873年(明治6年)のこと、フランスはパリで権威のあったサロン(官設展覧会)に落選したモネ、セザンヌ、ルノワールら約30人の若い画家たちは、サロンに対抗して、翌年の1874年(明治7年)に無審査のグループ展を開きました。

このグループ展にはいろいろな人が訪れましたが、その中のひとりに、ルイ・ルワロという新聞記者がいました。
ルワロは、このグループ展をこき下ろし、モネが出展した「印象――日の出」という作品を、「描きかけの壁紙のほうがマシ」と酷評(こくひょう)しました。

そして、

「「印象」か、確かに私もそう思う」

と批判。
加えて、皮肉を込めて、このグループを「印象派」と呼びました。

つまり、「印象派」というのは、もともと彼らの作品に対する嘲(あざけ)りの言葉だったのです。

かくして、世間から理解されずに嘲笑(ちょうしょう)の的となった若い画家たちでしたが、グループ展が3回目を迎える頃には、胸を張って、自ら「印象派」と名乗るようになったといいます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
ビックカメラが、「BIG」ではなく「BIC」となっているのは何故?
ビックカメラ 本社
ビックカメラ 本社
写真は、こちらからお借りしました。

家電量販店大手、ビックカメラ。
このビックカメラという社名の由来は、創業者の新井隆司(あらい たかし、本名:新井隆二(あらい りゅうじ))氏がパリ島を旅行したときに、現地で聞いた「Bic」というスラング(俗語)が元になっています。

「Bic(ビック)」というのは、かつてアメリカ領で使われていた言葉で、「Big」に近い意味もありますが、見た目の大きさよりも中身を伴う大きさを表す言葉です。

そのことを知った新井氏は、

「限りなく大きく、限りなく重く、限りなく広く、限りなく純粋に。ただの大きな石ではなく、若く新しい感性を持った、小さくても光り輝くダイヤモンドのような企業になりたい」

という希望を込めて、1978年(昭和53年)の創業の際、「ビックカメラ(BIC CAMERA)」と命名したのです。

ビックカメラという社名の裏には、実は創業者の決意と、今後の展望が漲(みなぎ)っていたのですね。

ただ、私個人としては、

「ビックリするくらい安いからビックカメラと名づけました! それがわが社の社名の由来です!」

といわれた方が、明快で頭がスカッとしたかも知れません。【><】


参考:新井隆司氏ってこんな方

1946年 群馬県高崎の薬局の次男として生まれる。
1968年 ㈱高崎DPセンター設立代表取締役社長(22歳)。
1972年 カメラ販売部門を分離し㈱ビックカラー設立代表取締役社長(26歳)。
1978年 東京都豊島区西池袋に東京支店を開設(32歳)。
1980年 ㈱ビックカメラ設立代表取締役社長(34歳)。

ビックカメラの創業者は、やはり社名に違(たが)わず”Bic”な方なのでした。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「カフェオレ」と「カフェラテ」のそもそもの違いは?
カフェオレ スマイル

「カフェオレ」と「カフェラテ」。
この2つは、そもそもどこが違うのでしょうか?

「カフェオレ」がフランス語であるのに対して、「カフェラテ」はイタリア語。
どちらも、「ミルクが入ったコーヒー」という意味です。

この2つの1番の違いは、そのコーヒー部分です、
比較的浅煎(い)りの豆をこしたドリップコーヒーを使うのがカフェオレで、深煎りの豆を高い圧力で抽出(ちゅうしゅつ)したエスプレッソコーヒーを使うのがカフェラテです。

「そもそも、コーヒーというのは何物ワンか?」
コーヒーと 犬
写真は、こちらからお借りしました。

そして、コーヒーとミルクの分量(割合)にも違いがあります。
一般的に、カフェオレは50:50でほぼ同量を入れるのに対して、カフェラテはエスプレッソを使うため、20:80とミルクの量がかなり多いのが特徴です。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
アップル社のリンゴマークが欠けているのは何故?
アップル リンゴマーク

Mac、iPad、iPhoneなど、洗練されたデザインの商品で知られるアップル社。
そのロゴは、ご存知の通り「リンゴ」です。

これは、ニュートンがリンゴの木の下で万有引力を発見したという故事(こじ)に由来しているのだといいます。

さて、このリンゴを良く見ると、右側が欠けたデザインになっています。
これは、何故なのでしょうか?

この理由には諸説あります。
このリンゴは、旧約聖書で「アダムとイブ」が食べた禁じられた果実で、噛(か)んだあとは知恵の象徴であるという説や、「bite(かじる)」と「byte(単位のバイト)」をかけているという説があります。

また、サクランボと間違えられないようにと、単純にデザイン上の理由でこのようになったという説もあります。

「単純なものに真実がある」という言葉があります。
してみると、このサクランボ説、意外と当たっているかも知れません。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
日本映画初のキスシーンは、GHQが無理矢理作らせたものだった?
はたちの青春
写真は、こちらからお借りしました。

毎年5月23日は「キスの日」です。
これは、第二次世界大戦が終結した翌年の1946年(昭和21年)5月23日に、佐々木康監督による「はたちの青春」という、日本初のキスシーンが登場する映画が封切りされたことにちなんでいます。

この映画の主演は大坂志郎と磯野道子で、キスシーンといっても、2人が少し唇を少し合わせるだけのものでしたが、この映画は非常に大きな話題となり、映画館は連日大入り満員になったといいます。

そして、この日本初のキスシーンの誕生には、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が関わっていました。
が、何故ここでGHQが出てくるのでしょうか?

当時は、映画制作においても、GHQの検閲(けんえつ)を受けていました。
そして、この映画に対して、映画担当部局の民間情報教育局が(CIE)が、

「完成した脚本が、前に見たものと違う」

と口を出し、無理矢理にキスシーンを入れさせたのだといいます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
爪楊枝のミゾは、何のためにある?
ネコの 爪楊枝 入れ
写真は、こちらからお借りしました。

爪楊枝(つまようじ)には、側面にミゾがついています。
これは一体、何のためにつけられているのでしょうか?

実はこのミゾは、特に意図(いと)があってつけられたものではなく、偶然の産物だったといいます。

爪楊枝を製造する際、当初はのこぎりで切断していました。
しかし、このやり方では精度が今一出ず、切断面が毛羽立ってしまっていました。

そこで、砥石(といし)を使って切断したところ、今度は摩擦熱で切断面が焦(こ)げ、黒くなってしまいました。
それならばと、これを逆手に取り、切断面の下に「こけし」に見立てたミゾをつけたのです。
これが、爪楊枝にミゾがつけられている理由です。

ネコの爪楊枝入れ_2
ネコ雑貨 白ネコ サバシロ チャシロ ねこ かわいい おしゃれ 花柄 爪楊枝たて 印鑑ケース 薔薇雑貨 姫系 花柄 ボタニカル 雑貨 ◇ バラ 雑貨 花柄 かわいい ★

なお、爪楊枝のミゾに関しては、この部分で折って「爪楊枝置き」にするためにつけられたという説もあります。
が、これは間違いです。

落語家の柳家金語楼(やなぎやきんごろう)は、頭のこけし部分を爪楊枝置きとして使い、これを実用新案登録して副収入を得たといいます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「帝王切開」は、誤訳から生まれた?
帝王切開 分娩 赤ちゃん

古代ローマの将軍シーザーには、母親のお腹を切開して生まれたという伝説があります。
このことから、こうした手術のことをラテン語で「帝王切開」を意味する「sectio caesarea(セクティオ・カエサレア)」と名づけられたとされます。
が、これは正しくありません。

紀元前の医療技術を考えたとき、これはとうていありえない手術です。
そして、シーザーの母親も長生きしたと伝えられています。

そもそも、「caesarea」というのは、ラテン語で「切る」という意味です。
そして、この言葉がドイツ語に訳されたとき、シーザーのことを表わす「Kaiser(皇帝)」と誤訳され、今に至るまで使われ続けているのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
白くないのに「シロサイ」という名前になったのは何故?
サイの種類には、シロサイとクロサイがあります。
が、実はどちらも体の色が灰色です。

「ボクがシロサイです!」
シロサイ

「ボクがクロサイです!」
クロサイ

この2つの種の違いは唇の形で、シロサイが角ばった唇であるのに対して、クロサイのほうは上向きの尖(とが)った唇をしています。

それでは何故、いずれも体の色にちなんだ名前になってしまったのでしょうか?

まず、シロサイの方ですが、これは「聞き違い」が原因でした。

シロサイは、現地の言葉で「Widje Rhinoceros(ウェイト・ライナセロス)」です。
「Widje」とはもともとオランダ語で「広い」という意味で、「口の大きなサイ」という名前でした。
が、これが英語に訳された際に「White(ホワイト)」と誤訳され、さらに日本語になったときに「シロ(白)」と直訳されてしまったのです。

それでは、クロサイの方はどうなのでしょうか?

こちらはもっと単純な理由によるものでした。
サバンナにいる2種類のサイのうち、一方が「シロサイ」なのだから、もう一方を「クロサイ」と名づけた…というのが、「クロサイ」の名前の由来なのだそうです。

しかし、白くもないのに「シロサイ」なんて名前をつけられてしまったサイ君。
こんなのあり、という理由で「クロサイ」と名づけられてしまったサイ君。
サイだけに、どちらも、ホント、サイ難(災難)でしたね。【><】
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「辞典」と「事典」は、そもそも何がどう違う?
辞典 事典 事典

書店の辞書コーナーに行くと、「辞典」と「事典」という、同じ読み方をする本が並んでいます。
これらは、そもそも何がどう違うのでしょうか?

まず、「辞典」ですが、これは「ことばてん」とも呼ばれ、英語でいう「ディクショナリー」のことです。
文字や単語、さまざまな事柄について、その読み方、意味、語源、用例などを解説するものです。

国語辞典や漢和辞典、英和・和英辞典などがこれにあたります。

一方の「事典」は、「ことてん」とも呼ばれ、英語でいう「エンサイクロペディア」です。
「ところてん」ではありません。【><】
多くの事柄や現象などを集め、その内容をひとつひとつ解説・説明するものです。

「事典」の始まりは、1931年(昭和6年)に、平凡社の創業者である下中彌三郎(しもなか やさぶろう)が『大百科事典』を発行する際、「じてん」に「事典」とあてたのが最初とされます。

「ニャーるほど! そういう違いがあるニャンか」
読書する ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

なお、これらと同じ読み方をする本に「字典」というのもあります。
これは、「もじてん」とも呼ばれ、特に漢字の読み方・意味などを解説したものです。

「そんなことより、掃除だワン」
掃除する 犬
写真は、こちらからお借りしました。

以上、「辞典」と「事典」の違い、お分かりいただけたでしょうか?
日本人として、正しく使い分けたいものですね。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「元の木阿弥」の語源は?
元の木阿弥 逆戻り 惨めな状態

結局、元の惨(みじ)めな状態に戻ってしまうことを、「元の木阿弥(もとのもくあみ)」といいますが、この言葉には、どのような由来があるのでしょうか?

戦国時代のこと。
大和の国を支配していた武将・筒井順昭(つつい じゅんしょう)が、不治(ふち)の病に倒れました。

このとき、彼の息子である跡継ぎの順慶(じゅんけい)は、まだ2歳。
もしも今、順昭が死んだことが知れ渡ったら、たちまちは攻め落とされて、国は滅びてしまいます。

そこで、順昭は、自分が死んでもそのことは秘密にして、誰か自分に似た者を影武者(かげむしゃ)に立てるよう、遺言(ゆいごん)して死にます。

ヒゲのある猫 ヒゲ武者
「オレ、ヒゲ・・武者」

さて、順昭の遺言に従って、影武者に仕立てられたのが、木阿弥という盲人です。
木阿弥は、声や姿が順昭にそっくりだったのです。

木阿弥は、順昭に成りかわって薄暗い病床に臥(ふ)せって命令を下し、首尾(しゅび)よく順昭の影武者を務め、周りの人をだまし続けます。
しかし、順慶が成人した3年後に、順昭の死が公表されて、木阿弥はお払い箱となり、一介の市井(しせい)の人に戻されたのです。

このことから、一時栄えた人が、落ちぶれて元の惨めな状態に戻ることを、「元の木阿弥」というようになりました。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
トイレを「かわや」と呼ぶのは何故?
かわや

トイレのことを「かわや」と呼びますが、これは何故なのでしょうか?

昭和の初めまで、トイレのことを「かわや」といっていました。
かわやの語源は、ずばり、「川家」です。

昔は、川の上にトイレがつくられていて、そのまま汚物を川に流していました。
そこから、このように呼ばれるようになったのです。

日本の人口は、縄文時代(じょうもんじだい)の終わりで約7万6000人、弥生時代(やよいじだい)は約60万人、古墳時代(こふんじだい)は約540万人だったと推定されています。
このくらいの人数では、川の汚染問題も出なかったのでしょう。

その後、川に流していたし尿を溜(た)め込むようになるのですが、これは衛生上の理由からではなく、なんと、リサイクルのためで、5、6世紀に中国からし尿を堆肥(たいひ)に変える方法が伝わってきたからだといいます。

当時、朝鮮半島に政治不安があり、半島の技術者が大勢日本に渡ってきていました。
そのため、急激に日本の人口が増えました。
下肥(しもごえ、=し尿からつくった肥料)の技術者も、これらの人々の中にいたのでしょう。

それ以後、家畜や人間の排泄物が、肥料として田畑に還元(かんげん)されるシステムは、昭和30年代まで続いたのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)