「ガチンコ勝負」の「ガチンコ」の語源は、相撲取り同士がぶつかる音から?
真剣勝負!
「真剣勝負!」

真剣勝負を意味する「ガチンコ」という言葉。
この言葉は、一体どこからきているのでしょうか?

ガチンコ」は、もともと相撲界(すもうかい)の隠語(いんご)で、語源は力士同士が激しくぶつかりあうときに、「ガチン!」という衝撃音がするところからきています。

この言葉は、相撲だけでなく、プロレスの世界でも使われていますが、その理由は、往年(おうねん)の名選手・力道山(りきどうざん、1924年 - 1963年)にあります。
1950年(昭和25年)に、元力士の力道山が相撲界に転向した際、大相撲の習慣や伝統的なしきたりなどを、プロレス界に持ち込んだのです。

力道山
力道山
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、ガチンコと同じ意味で使われる言葉に「セメント」があります。
語源は、セメントが「ガチガチ」に硬いことからきているとされていますが、定かではありません。

他には、「シュート」「ピストル」というのもあります。
「シュート」は、アメリカで誕生したプロレスの隠語で、カーニバルの射的(しゃてき)にその由来があります。
「ピストル」は、全日本女子プロレス(2005年3月31日に解散)の創始者である松永高司(まつなが たかし)が提唱(ていしょう)したもので、女子プロレスで一般的に使われる言葉です。
語源・由来

広告


語源・由来 | Comments(0) |
野球チームの投手と捕手を「バッテリー」と呼ぶのは何故?
バッテリー 蓄電池

野球チームで、投手と捕手の組み合わせのことを、「蓄電池(ちくでんち)」を意味する「バッテリー」と呼びます。

これは、何故なのでしょうか?

これには、諸説あります。
有名なのは、かつてバッテリーは2個以上の蓄電池で一組とするものだったことから、互いになくてはならない存在ということでたとえられたという説です。

実際、英語のbatteryには「一組」「一連」という意味があり、「battery of~」といえば、「一組の~、一連の~」です。

また、アメリカの野球用語辞典には、軍隊で大砲の「発射」を意味するラテン語の「battuere」に由来するという説も紹介されています。

これは、野球チームを小さな軍隊、ボールを大砲、ピッチャーからキャッチャーへの投球を「発射」にたとえたことが語源になっているといいます。

その他、ピッチャーをプラス、キャッチャーをマイナスと捉(とら)え、これをバッテリーになぞらえたという説もあります。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
おまじないの「ちちんぷいぷい」は、オナラの音だった?
子供 あやす ちちんぷいぷい、痛いの痛いの、飛んでけ!

「ちちんぷいぷい」という、古くからあるおまじないの言葉。
一般には、子供が怪我をしたときに、親がなだめる用語でもあり、

「ちちんぷいぷい、痛いの痛いの、飛んでけ!」

といったように使用します。

この「ちちんぷいぷい」の語源には、諸説あります。

春日局(かすがのつぼね)が、幼少時の徳川家光(とくがわいえみつ)をあやすためにいった、「智仁武勇御世の御宝(ちじんぶゆう ごよのおたから)」が変化したものとする説のほか、昔話『屁こき爺(へこきじじい)』に由来するという説があります。

『屁こき爺』というのは、以下のような話です。

昔々、日本一のオナラができると出まかせをいってしまったお爺さんが、殿様の前で必死の思いでさまざまな音色のオナラをしました。
そのとき、最も見事だったのが、「ちちんぷいぷい」という音色でした。

そして、これに感心した殿様が、お爺さんに褒美(ほうび)を与えたことから、これが、良いことを招くおまじないの言葉になったのだといいます。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
お年玉を入れる袋の「ポチ」の正体は?
お年玉袋 ポチ袋

除夜の鐘が鳴り終わると、お正月
そして、お正月を迎え、子供たちが待ち焦がれるものといえば、お年玉ですね。

しかしながら、最近では、お金を入れて渡す袋を、「お年玉袋」ではなく「ポチ袋」と呼ぶ人が増えてきています。

この「ポチ」というのは、一体どこから来た言葉なのでしょうか?

ポチ袋の「ポチ」は、関西弁の「ぼちぼち(ポチポチ)」に由来する言葉です。
意味は、「少しだけ」です。

祝儀袋(しゅうぎぶくろ)ほど大袈裟(おおげさ)ではなく、旅館や料亭(りょうてい)で働く人に、お客が感謝の気持ちを込めて、気軽に少額のお金を渡す際に入れる袋として、明治時代に生み出されたのがこの袋なのです。

ポチ」の語源に関しては、他に、フランス語の“プチ”から来ているという説や、“ポーチ”から来ているとする説もあります。
が、江戸時代には、既に「ポチ袋」と呼ばれていたという記述があるため、この説は時代的に考えて不自然なようです。

ちなみに、同じく「ポチ」のつく言葉に「これっぽっち」がありますが、こちらも同語源です。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
え? 「さぼる」の語源は木の靴だった?
サボ 木靴

男性には、あまりなじみのない言葉かも知れませんが、女性が履(は)くに「サボ」というものがあります。

サボ(sobot)は、フランス語で「木靴(きぐつ)」という意味で、これはもともと、ヨーロッパの農民などが履いた、ブナ・クルミ・ハンノキ・トネリコなどの耐水性のある堅い木をくり抜いて作った靴です。

さて、「サボらないで働きなさい!」などと使われる「さぼる」という言葉ですが、これはその「サボ」が由来となっています。

話は、20世紀初頭まで遡(さかのぼ)ります。
当時、フランスでは、争議中(そうぎちゅう)の労働者らが、履いていた「サボ」で工場の機械を壊し、生産を停止させたりすることがありました。
そのため、ストライキなどの、意図的に仕事を行なわないことを「サボタージュ」と呼んだのです。

そして、この「サボタージュ」という言葉が、日本で動詞化され、「さぼる」という言葉が生まれたのです。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「ワリカン」を考えたのは、あの有名人だった?
割り勘

喫茶店や飲み会などで会計をするときに、

「今日はワリカンで!」

などといいますが、これは一体、誰が考えたものなのでしょうか?

ワリカンは、漢字で「割り勘」と書き、「割り前勘定・割前勘定(わりまえかんじょう)」または「頭割り勘定(あたまわりかんじょう)」の略です。
この言葉が一般的に使われるようになったのは、明治時代以降とされますが、その起源は江戸時代に遡(さかのぼ)ります。

割り勘を考えついたのは、江戸時代後期に活躍した戯作者(げさくしゃ)・浮世絵師の山東京伝(さんとう きょうでん)といわれています。
彼には商才があり、東京の京橋(きょうばし)でタバコ屋もやっていましたが、とにかくケチで、友人や知人と酒を飲むときは、必ず勘定を頭割りにしました。

そのため、彼を知る人たちは、このような勘定のことを、「京伝勘定」と呼んでいたといいます。

ちなみに、同じく「カン」がつく言葉に「カンパ」がありますが、こちらはロシア語の「kampaniya(カンパニア、=政治・社会的活動のための募金活動のこと)」が語源となっています。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「草津」の語源は、「臭かった」から?
草津温泉
草津温泉

「♪草津よいとこ、一度はおいで・・・♪」

と唄われる、日本三大名泉のひとつである群馬県の草津温泉。
一説では、奈良時代の僧・行基(ぎょうき)によって開かれたとされる、歴史ある温泉です。

草津の発音は、現在「クサツ」ですが、古くは濁った「クサズ」と呼ばれ、中世には「九草津」「草生津」「九相津」とも書かれました。

この「草津」の語源は、「臭水(くさみず、くさうず、くそうず)」が変化したものと考えられています。
温泉街の中心にある、湯畑(ゆばたけ)と呼ばれる源泉から吹き出すお湯は、硫化水素(りゅうかすいそ)の強い臭気(しゅうき)がしたことから、このような名前が生まれたといいます。

また、この温泉街が火山地帯に位置するために、「風化した溶岩が腐ったような状態になった處(ところ)」という意味の「臭處(くさと)」が「くさつ」に変化したものとする説もあります。

草津温泉 湯畑
草津温泉 湯畑

面白いところでは、源頼朝(みなもとのよりとも)がこの地を訪ねた際、草を刈ったところ湯が出たからとする説もあります。
が、これに関しては史実性が疑わしく、民間語源(みんかんごげん、=必ずしも言語学的に正しい説明がなされているわけではないが、広く流布している語源)とされます。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「手を抜く」の語源は?
手を抜く 囲碁

「手を抜く」は、囲碁からきた言葉です。
囲碁で、今戦っている場所に石を打たずに、他の、もっと効率のよい場所に打つことを「手を抜く」といいます。

これによって、今戦っているところが不利になったとしても、全体として見れば、有利になることが多いのです。
従って、「手抜き」というのは、決して悪いことではないのです。

囲碁は、1度に1個しか石を置くことができません。
そのため、常に一番効率の良い場所に石を置こうとします。

今、係争(けいそう)中の場所があっても、それよりも効率の良い場所があれば、そちらに打った方が有利なので、「手を抜く」のです。

現在では、「手を抜く」という言葉は、「すべき手続きや手数を省くこと」という意味で、「仕事の手を抜く」、また名詞形で「手抜き工事」というように、悪い意味で使われています。
が、もともとそのような意味ではなかったのです。

なお、「手を抜く」と似た表現に、「手を焼く」というのがあります。
こちらの語源については、以下の記事をご参照ください。

「手を焼く」の語源は? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-552.html

参考にしたサイト
「手抜き」という言葉の語源は。。。。。。| Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010524835
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「春一番」という爽やかな言葉の背景には、悲しい物語があった?
立春の頃に、その年初めて吹く強い南風を「春一番」と呼びます。
発達した低気圧が日本海を通るときに起こる風で、春一番が吹いた日は、気温が急上昇します。

春一番

寒い冬が終わり、間もなくやって来る暖かい
春から始まる言葉である「春一番」という言葉にも、そんな暖かく爽やかなイメージがあるのではないでしょうか?

しかしながら、この言葉のそもそもの語源は、壱岐(いき)漁師が恐れる早春の突風を伴った嵐のこと。
そしてそこには、悲しい遭難(そうなん)事件がありました。

安政6年2月13日(1859年3月17日)のこと。
長崎県壱岐郡郷ノ浦町(ながさきけん いきぐん ごうのうらちょう、現・壱岐市)の猟師が乗った七隻の櫓(ろ)漕ぎ舟が、五島沖に向かっていました。
天気は、雲ひとつない快晴だったと伝えられています。

とそこへ、突然の春一番。
七隻の舟はあっという間に転覆(てんぷく)し、乗っていた53人の漁師はに飲み込まれ、帰らぬ人となってしまいました。

これ以降、猟師たちは、この強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになりました。

暖かく爽やかなイメージのある「春一番」という言葉の背景には、このような悲しい物語があったのです。

なお、1987年には、この事件の起こった郷ノ浦港近くの元居公園内に、亡くなった猟師たちのを鎮(しず)めるための慰霊碑・「春一番の塔」が建てられています。

春一番の塔
春一番の塔

参考にしたサイト
春一番。語源にまつわる海難事故 | 倭国歴史学部壱岐学科
http://iki.halimao.com/site/haruitiban.htm
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
豆腐は、「腐った豆」という意味ではなかった?
豆腐

豆腐は、2200年ほど前に、中国の淮南王(わいなんおう)が発明したものと伝えられています。
日本に入ってきたのは奈良時代のことで、中国に留学した僧によって伝えられました。
そのため、その名称も中国のものです。

中国語で、「腐(ふう)」には「ブヨブヨしたもの(コロイド状)」という意味があります。
豆腐は、豆が腐っているから「豆腐」となったのではなく、ブヨブヨしているところから「豆腐」と名づけられたのです。

豆腐は、最初は貴族階級や仏に仕える僧侶(そうりょ)たちの精進料理(しょうじんりょうり)として使われる程度でした。
広く普及するようになった陰の功労者は、意外にも茶道(さどう、ちゃどう)の発達でした。

室町時代に道が起こり、武士階級のたしなみとして普及していくにつれて、精進料理を基盤とした懐石料理(かいせきりょうり)が発達。
これをきっかけに、豆腐は次第に一般庶民の間にも広がっていきました。

一方、「納豆」は、この食品が寺の台所にあたる納所(なっしょ)で作られていたことに由来します。
つまり、「寺の納所の豆」を意味する、こちらは日本生まれの名称です。

なお、「麻婆豆腐」の語源については、以下の記事をご参照ください。

麻婆豆腐は、お婆さんが発明した料理? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-797.html

参考にしたサイト
納豆と豆腐の語源を教えてください。字面からすると逆のような... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211805272
『腐ってもないのに、豆腐と呼ぶ理由は?』 | ★ACTIVE★OVERDRIVE★Σ
http://blog.livedoor.jp/zenger_style_blog/archives/65785912.html
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
おかめそばの語源は?
おかめそば

おそば屋さんのメニューのひとつである、おかめそば。
このおかめそばの語源は、具の並べ方が「おかめ・ひょっとこ」の「おかめ」の面を連想させるところからきています。

おかめ
おかめ

おかめそばが登場したのは幕末の頃のこと。
江戸は下谷七軒町(したやしちけんちょう)にあったそば店「太田庵」が考案したものといわれています。
そして、チョウの形に結んだ湯葉(ゆば)が目、マツタケが鼻、カマボコが頬というのが伝統的な顔のようです。

もっとも、マツタケは高級品ですので、現在は他の具で代用しているところがほとんどでしょう。

また、これとは別に、カマボコが丸髷(まるまげ)、竹の子が櫛(くし)、湯葉を島田髷(しまだまげ)に模したという説もあるようです。

今度おそば屋さんに行ったときに、はたして丼の中におかめの顔が見えてくるか、確かめてみてはいかがでしょうか。

参考にしたサイト
そば屋メニュー紹介『おかめそば』
http://www.nichimen.or.jp/menu/okame.html
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「太刀魚(タチウオ)」の語源は、立って泳ぐという意味の「立魚」から?
太刀魚(タチウオ)は、移動しないときは立って泳ぎます。
立ち泳ぎをしながら、エサとなる魚が来るのを待っているのです。

ここから、「立魚(タチウオ)」と名づけられました。

タチウオ
タチウオ
写真は、こちらからお借りしました。

また、タチウオの漢字は、体が細長く、銀白色(ぎんはくしょく)をしているところが太刀に似ていることから、「太刀魚(タチウオ)」の漢字が当てられました。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「背広」は英語である?
「背広」の語源には諸説ありますが、ロンドンの高級洋服店街「Savile Row(セヴィル・ロー)」の通り名に由来するというのが通説となっています。

ちなみに、「背広」の他の説としては、英語の軍服・市民服「civil clothes(シビル・クロウズ)」のシビルがなまって「セビロ」となり、それに「背広」の漢字が当てられたというものや、紳士服の源流である燕尾服(えんびふく)に用いられるテイルコートは背面から見たときに背の部分が広く見えるためという説などがあります。

【「こけし」の語源は?】
「こけし」の語源は?
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「たら腹食べる」のたらは、魚の鱈(たら)が語源?
たらふく 食べて 身動きできなくなった 猫
たらふく食べて 身動きできなくなった猫

「たらふく」の語源は、「足りる」や「足る」など、「十分になる」という意味の動詞「足らふ(たらふ)」に、副詞語尾の「く」がついてできた言葉とされます。

そして、鱈は腹部が膨(ふく)れていることや、とてつもなく大食漢な魚であることから、この「たらふく」という大和言葉に、「鱈腹」という漢字が当てられました。

参考にしたサイト
たらふく-語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/ta/tarafuku.html
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
「ハイジャック」の語源は、「ハーイ!ジャック」から?
乗客や搭乗員を脅して飛行機を乗っ取る「ハイジャック」ですが、この語源はアメリカの開拓時代にまで遡(さかのぼ)ります。

ハイジャック
写真は、こちらからお借りしました。

この時代、列車で乗客の金品を奪う犯罪が横行していました。
強盗たちが列車を止めるために、銃をつきつけて運転手に向かってかける言葉が、「やあ、ジャック(Hi, Jack)」だったのです。

「ジャック」というのは、アメリカでは一般的な名前で、見知らぬ男性に呼びかけるときに使うことがありました。

これがいつしか、乗っ取り事件そのものを指す言葉となったのです。
語源・由来
広告


語源・由来 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告