「丼(どんぶり)」のルーツは、江戸時代にあった「慳貪屋(けんどんや)」にあった?
天丼

天丼、カツ丼、親子丼など、日本ではさまざまなどんぶりものが味わえます。
「どんぶり(=丼)」とは、文字通りには茶碗よりも深く、大ぶりで厚みのある陶製(とうせい)の磁器のことです。

さて、食べ物の「丼」のルーツですが、これは、江戸時代の初期にあった「慳貪屋(けんどんや)」にありました。
慳貪屋というのは、一杯盛り切りの飲食物を出すお店のことです。

このお店で使われていた鉢(はち)・「慳貪振り鉢(けんどんぶりばち」が「どんぶり」に転じ、鉢盛(はちもり)の料理全体を指すようになったのだといいます。

一方、「丼」という漢字は、「井」の本来の字で、井戸を意味していました。
井は井桁(いでた)で、真ん中にある点は、井戸で水を汲(く)むために備え付けられていた「釣瓶(つるべ)」です。

井戸と 釣瓶
井戸と 釣瓶

どんぶりに漢字を当てる際、井戸に物を投げ込んだときの「ドブン!」という音と「どんぶり」が似ているため、「井」の字が採用されたといいます。

ちなみに、カツ丼のルーツは、大正10年に、当時早稲田の学生だった中西敬二郎(なかにし けいにろう)が、行きつけの食堂にアイディアを出して商品化したものとされます。

カツ丼はいつ頃からある? | | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-373.html

このカツ丼は、現在のような「卵とじ」ではなく、ご飯の上にトンカツを乗せて、特製ソースをかける、「ソースカツ丼」スタイルでした。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「大統領」は、大工の棟梁のことだった?
「大統領は、明日きっとオレに会いに来るニャン」「来ないニャン」「来るニャン」「来ないニャン」、……
来る 来ない 花とネコ
写真は、こちらからお借りしました。

アメリカ合衆国のトップといえば、大統領ですね。
この「大統領」という言葉は、英語の「プレジデント(president)」を日本語に訳したものです。

プレジデントが大統領と訳されたきっかけは、1853年(嘉永(かえい)6年のペリー来航です。
このとき、ペリーはフィルモア大統領(Millard Fillmore、1800年 - 1874年)の親書を携(たずさ)えて浦賀に来航しましたが、幕府の役人たちは、「プレジデント」という言葉をどう訳したら良いのか分かりません。

何故なら、当時の日本は鎖国中で、海外の情報が制限されており、アメリカの政治制度についても良く分からなかったからです。
そのうえ、当時の日本には選挙制度もなく、選挙によって”民主的に”選ばれた権力者というのも存在していません。

そのため、役人たちは、この言葉を何と訳したら良いのか、途方に暮れてしまったのです。

そこで、当初は「国王」にしようという案もあったようなのですが、

「町人出身のフィルモアを王位で呼ぶのはいかがなものか?」

という意見が出て、議論は振り出しに戻ってしまいました。

そして、議論を重ねるうちに、

「それでは、町人の中で一番偉いのは誰?」

となったときに、最終的に選ばれたのが「棟梁(とうりょう)」という言葉でした。

棟梁というのは大工の頭(かしら)のことで、家を一見建てられる、尊敬される身分でした。

しかしながら、そのままの言葉で呼ぶわけにもいきません。
そこで、文字を「棟梁」から「統領」に変え、日本の将軍と釣り合うように、頭に「大」を冠して「大統領」としたのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「ごまかす」は、江戸時代に売られていた「胡麻胴乱」というお菓子が語源だった?
「見逃してくれたらかつお節をあげるチュー」「そんな言葉にはごまかされないニャン」
猫と ネズミ
画像は、こちらからお借りしました。

見かけだけで内容が伴っていないことや、本心を見やぶられないように、話をそらしたり、でまかせをいったりして、その場やうわべをとりつくろうことを意味する、「ごまかす」という言葉。

この言葉は、江戸時代に売られていた「胡麻胴乱(ごまどうらん)」というお菓子に由来するとされます。

胡麻胴乱というのは、小麦粉にゴマを混ぜて焼いたお菓子です。
このお菓子は、大きく膨(ふく)らんで香ばしく焼きあがってはいるものの、食べてみると、中身がスカスカ。
大変ガッカリしたことから、「ごまかす」という言葉が生まれたといいます。

他の説としては、弘法大師(こうぼうだいし)の焚(た)いたありがたい「護摩の灰」だとして、偽物の灰を売り歩いた者がいたことが語源であるとする説もあります。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「大学いも」に「大学ノート」……、これらにつけられた「大学」の正体は?
大学いも

サツマイモをカットして油で揚(あ)げ、砂糖の蜜(みつ)をからめて黒ゴマを振りかけてつくったのが「大学いも」です。

が、一体何故「大学」なのでしょうか?

この名前の由来には、2つの説があります。
ひとつは、大正時代に、東京帝国大学(現:東京大学・本郷)の赤門(あかもん)前にあったお店が、この食べ物を売り出したところ、学生の間で人気沸騰(にんきふっとう)。
大学生たちに人気のいもということで、「大学いも」と名づけられたとするものです。

もうひとつは、東大の学生が、学費を稼(かせ)ぐために、このいもを自らつくって売り出したところ評判になったとするものです。

大学ノート

一方、横に罫(けい)の入ったノートのことを「大学ノート」と呼びますが、こちらの「大学」もまた、東大に関係するようです。

1884年(明治17年)に、赤門前にあった松屋という文房具・洋書店の主人がいった、

「罫線入りのノートがあったら便利なのに」

という要望に応(こた)えて、舶来(はくらい)の罫線入りの紙を使ってつくったノートが、はじまりなのだといいます。

当時は、筆記具として鉛筆が普及(ふきゅう)し始めた頃で、イギリスから「フールス紙」というクリーム色の洋紙を輸入して製本されたこのノートは、学生の間で人気となりました。

これを、学生が大学ノートと呼んだとも、松屋が大学ノートという名前で売り出したともいわれます。

【大学ノート】なぜ、大学と付いたのですか? - 大学ノートという名は、... - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011367455
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「新体操」は、そもそも何が新しいのか?
新体操 ソ連

リボンやボールなどの手具(しゅぐ)を使いながら、音楽に合わせて演技を行なうことで、その美しさや技術、個性などを競い合う「新体操」。
この「新体操」は、1930年代にソ連で誕生しました。

そしてその後、従来の体操競技とは別に、女子の新しい体操の方向を示すものとして普及し、1984年のロサンゼルス五輪から女子の正式競技となりました。

「新体操」は、日本でも戦前から行なわれており、戦後の国民体育大会では「団体徒手体操(だんたいとしゅたいそう)」の名前で競技を実施。

その後、ヨーロッパでの競技名「Modern Gymnastics(モダン・ジムナスティックス)」を訳して「新体操」の名がつけられたといわれます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「マクドナルド」のロゴ「M」は、社名の頭文字ではない?
マクドナルド 一号店 ゴールデンアーチ

日本人にもっともなじみ深いファーストフード店といえば、おそらくマクドナルドではないでしょうか。

マクドナルドの創業者は、レイ・クロック。彼は、マクドナルド兄弟が経営していたレストランのフランチャイズ権を買い取り、1955年に、アメリカのシカゴ郊外のデスプレーンズに第一店を開業しました。

さて、マクドナルドのシンボルといえば、お店の看板の「M」のロゴですが、実はこの文字、マクドナルドの頭文字の「M」か来たものではありません。

シカゴの一号店には、建物の両側の地面から屋根に向かって、「ゴールデンアーチ」と呼ばれる2本のアーチが張られているのですが、これを横から眺(なが)めると「M」に見えることから、これを原型としてロゴが考案されたのだといいます。

参考にしたサイト
なんと!マクドナルドの「M」マークはマクドナルドのMではない|面白ニュース 秒刊SUNDAY
http://www.yukawanet.com/archives/4901329.html
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
タイヤのメーカーが、『ミシュランガイド』で飲食店をランクづけするようになったのは何故?
ミシュランガイド
ミシュランガイド
写真は、こちらからお借りしました。

飲食店の味やサービス、設備などを星の数で総合的にランクづけをする本・『ミシュランガイド(the Michelin Guide)』。
面白いことに、この本を発行しているのは、フランスのタイヤメーカーである「ミシュラン社」です。

そのそも、タイヤーのメーカーが、「食のお墨付き」を与えているのは何故なのでしょうか?

『ミシュランガイド』が、フランスで発行されたのは1900年のことです。
当時は、富裕層を中心に、娯楽としてのドライブが定着しはじめた頃でしたが、この頃の道路事情は粗末なもので、自動車の方も頻繁に故障していました。

このような状況下で、安心してドライブを楽しむためには、ガソリンスタンドはもとより、自動車修理工場の場所の把握(はあく)が必要不可欠でした。

そこで、タイヤの需要を見込みたいミシュランが考えたのが、自動車修理工場やガソリンスタンドを掲載した地図です。
ミシュランは、さらにそこにホテルやレストランなどの紹介を載せて、この地図の無料配布をはじめました。
これが、『ミシュランガイド』の起源です。

つまり、『ミシュランガイド』は、もともとは道路地図としての役割を担っていた本だったのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
千葉県の「上総」が、「下総」よりも南にあるのは何故?
千葉県船橋市 アンデルセン公園
千葉県船橋市 アンデルセン公園

関東地方の南東部にある千葉県は、古くは「上総(かずさ)」「下総(しもうさ)」「安房(あわ)」の3つの国に分かれていました。
北を上にした地図でその位置を表わすと、「下総」「上総」「安房」という並びになります。

それでは、何故上にあるのに「下総」、下にあるのに「上総」となっているのでしょうか?

その理由は、当時の政治の中心であった京都との位置関係によります。
つまり、京都に近い方が「上」で、遠いほうが「下」となっているのです。

コウモリ
コウモリ
「ねえみんな、『上が下』、『下が上』っておかしいよね?」

現在では、陸路だと「下総」の方が京都に近いですが、当時は三浦半島から「上総」のある房総半島(ぼうそうはんとう)へ船で渡る海路の方が一般的でした。
そのため、このように命名されたのです。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
ウェディングドレスは、何故白い?
ウェディングドレス 結婚式

「ウェディングドレス」と聞いてイメージする色は、白です。
花嫁は、みな一様にに白いドレスを着ますが、これは何故なのでしょうか?

1840年(天保11年)2月10日に、イギリスのビクトリア女王がアルバート公と結婚式を挙げました。
その際、女王が身にまとったのが、白サテンのドレスとレースのベールでした。

それまでは、婚礼衣装に決まった色はありませんでした。
が、子宝に恵まれて理想の家庭を築いた女王にあやかろうと、上・中流階級の女性たちはこぞって女王の真似をし、白いウェディングドレスを着るようになりました

かくして、白いウェディングドレスは「純潔」の象徴となり、19世紀後半には、イギリスの一般庶民にまで広がったのです。

ちなみに、このウェディングドレスが日本で普及したのは、戦後の高度経済成長の時代です。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
へたれ芸人の「へたれ」のそもその意味は?
へたれ
へたれ 臆病 情けない人

臆病(おくびょう)なさまや、情けない性格をした人のことを「へたれ」といいます。
が、この言葉は、そもそもどこから来ているのでしょうか?

「へたれ」の語源は、上方(かみがた、=大坂)の落語界にあるといいます。

落語家には、「見習い」「前座」「二つ目」「真打」という身分がありますが、上方においては「前座」のことを「へたれ」と呼びます。

特に、二つ目に昇進できるのにもかかわらず、わざと前座に居座り続ける落語家のことを指すそうで、「屁垂れ」の文字が当てられることもあります。

へたれセイバー
グッドスマイルカンパニー Fate/stay night ねんどろいど へたれセイバー (ノンスケール PVC塗装済み完成品) / 43164-18537

なお、「へたれ」の他の語源としては、「へたる」という動詞が変化したものだとする説もあります。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
毎月22日が「ショートケーキの日」になったのは何故?
イチゴの ショートケーキ
写真は、こちらからお借りしました。

毎月22日は、「ショートケーキの日」となっています。
これは、何故なのでしょうか?

その理由は、カレンダーを見ていただければ一目瞭然(いちもくりょうぜん)です。
どの月も、22日の上には必ず15日がきます。
その15日をゴロ合わせで「イチゴ」と読み、それが乗っかっている22日が、「ショートケーキの日」として定められたのです。

ちなみに、アメリカの家庭菓子を参考に、スポンジケーキにイチゴを乗せた日本式のショートケーキが発案(はつあん)されたのは、1922年(大正11年)のこととされます。
が、発案者は不明だといいます。

また、ショートケーキが広まったのは、それから30年以上後、冷蔵庫が一般家庭に普及する1955年以降のこととなります。

「ミーちゃん、誕生日おめでとう。今日はケーキでお祝いニャン」「ありがとニャン」
ネコの 誕生パーティー ケーキと ロウソク
写真は、こちらからお借りしました。

なお、ショートケーキの「ショート」の語源に関しては、私の別ブログの方で取り上げています。
よろしければ、以下の記事も併せてお読みになってみて下さい。

ショートケーキの「ショート」は、「短い」という意味ではない? | 雑学とトリビアの杜
http://www.zatsugaku-trivia.com/gogen/ショートケーキの「ショート」は、「短い」とい.html

語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
人気コーヒーチェーンの店名の由来は?
コーヒーショップで スマホを使う 女性
「へえー。コーヒーチェーンの店名の由来って、調べてみると結構面白いのね」

今や、あちこちの街中にあるコーヒーチェーン店。
その店名の由来を、あなたはご存知でしょうか?

若者に人気の「スターバックス」は、メルヴィルの書いた小説「白鯨」の登場人物である一等航海士スターバックに由来します。
そのため、企業ロゴには、船乗りとの縁が深いセイレーン(ギリシャ神話において、上半身が人間の女性で下半身が鳥の姿をしているとされている海の怪物)が使われています。

「タリーズコーヒー」は、創業者であるトム・タリー・オキーフの名前からきています。
日本の店舗は、創業者である参議院議員松田公太(まつだ こうた)が、渡米して営業許可を得たようです。

「ドトール」は、創業者である鳥羽博道(とば ひろみち)が、ブラジルのコーヒー農園で働いていた際、寝泊りしていた宿が、サンパウロの「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」であったことに由来します。
「ドトール」(doutor)とは、ポルトガル語で「医者・博士」の意味で、英語の「doctor」に相当します。
鳥羽が、そのときの気持ちを忘れないようにと、「ドトールコーヒー」という社名をつけたということです。

「シャノアール」は、創業者である中村脩(なかむら おさむ)が、フランスの中世期に、パリの新進気鋭の芸術家たちがモンマルトルの丘のふもとにあるシャノアールというカフェに集い、雑談や議論を交わしていたとされているのを聞いてつくったコーヒーショップで、この店名には、「日本にもカフェ文化を根づかせたい」という思いが込められています。

同シャノアールが展開する「カフェ・ベローチェ」は、音楽用語にもなっている、イタリア語で「速い」を意味する「ベローチェ」に由来します。

「ロバーツコーヒー」は、創業者であるロバート・パウリグの名前から来ています。
彼の家は、代々続くコーヒー一家で、ロバートの祖父にあたるエドワード・パウリグは、「ニッセン」というコーヒーショップを100店舗以上経営し、「フィンランドのコーヒー王」と呼ばれた人物です。

「サンマルクカフェ」は、キリスト13番目の伝道師「聖マルコ(フランス語でサンマルク)」からきており、「お客様の最高のひととき」を伝道していきたいという思いが込められているそうです。

名古屋発の「コメダ珈琲店」は、創業者の生家(せいけ)が米屋だったため、父親への思いを店名に込めたのだといいます。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「敗北」には、何故方角を表わす「北」が入っている?
「ううっ、完全な敗北だ!」
敗北 ボクサー

「敗北」という熟語を見ると、「北」という方角を表わす漢字が入っています。
これは、何故なのでしょうか?

実は、この熟語の場合、特に方角が関係しているわけではありません。
「敗北」というと、現在では単に負けることを意味しています。
が、本来この熟語の意味は、「負けて逃げる」ことを表わしていたのです。

そもそも、「」という漢字は、2人の人が互いに背中を向けている形を描いた象形文字(正しくは、会意形声文字)で、「背「そむ)く」という意味です。
そこから、「背を向けて逃げる」という意味が派生(はせい)しました。

つまり、「敗+北」で、負けて逃げるという意味になったわけです。

「おいっ、止まれっ!」「止まれといわれて、止まるヤツは普通いないよーっ」
逃げる シマウマ
写真は、こちらからお借りしました。

なお、現在では、逃げるという意味で「北」を使った熟語は、「敗北」以外には存在しません。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
「ブス」とは、そもそも何なのか?
トリカブトの花 ブス 語源

女性の容姿を罵(ののし)るときに使われる「ブス」という言葉。
この言葉は、一体どこから来ているのでしょうか?

良くいわれるのが、「ブス」は漢字で「附子」と書き、植物のトリカブトの根であるという説です。
トリカブトの根には、猛毒が含まれており、「東海道四谷怪談」でお岩さんが飲まされたのも、戦国武将の伊達政宗(だて まさむね)が実弟を暗殺する際に用いたのも、この毒だといいます。

このトリカブトの毒の主成分は、アコニチンやメサコニチンなどのアルカロイドで、誤って口にすると、神経系の機能が麻痺(まひ)し、無表情になります。
ここから、美しいと呼べない女性に対して、「ブス」と呼ぶようになったといいます。

しかしながら、ブスはそんなに古い言葉ではなく、もともと無頼漢(ぶらいかん、=ならず者。ごろつき)たちが使う言葉だったとする説もあります。

女性を意味する隠語に「スケ」がありますが、この説によれば、「ブス」は、このスケを否定する意味の「ブスケ」を略してできた言葉だといいます。

また、ブスの語源としては、単に「不細工」を言い淀(よど)んだものだとする説もあります。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
そもそも「へなちょこ」とは何?-意外なその語源
猪口と 徳利

「このへなちょこめ!」

などと、未熟な人や、取るに足りない人のことを、あざけっていうときの言葉、「へなちょこ」。
この言葉には、一体どのような由来があるのでしょうか?

へなちょこは、漢字で「埴猪口」と書きます。
へなちょこが漢字でこのように書くというのは意外ですが、その語源も意外で、明治時代の新聞記者・野崎佐分(のざき さぶん)がいった言葉が元になっているといわれます。

あるとき、野崎佐分は、山田風外らとともに、東京の神田明神脇にある「開花楼(かいかろう)」という料亭(りょうてい)に行きました。
するとそこに、店主が作ったという素焼きの猪口(ちょこ)がありました。
その猪口は、内部がお多福で、外部が鬼の面という、珍しいものでした。

そこで野崎は、この猪口で1杯飲もうと、酒を注いだ途端(とたん)、「ジュージュー!」と音がして、「ブクブク!」と泡が立ったかと思うと、酒が猪口に染み込んで減ってしまいました。

これを見た野崎は、あきれてこういいました。

「これは見かけによらない品だな、へなちょこだ」

「へな」というのは、粘土のことです。
つまり野崎は、この猪口は粘土で作ったものだから、「へなちょこ」といったわけです。

参考にしたサイト
へなちょこの語源は? | うんちく王・雑学王の豆知識大全集
http://goodboone.com/izime/education/post-193.html
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)