★いつも、応援をありがとうございます!
★皆さんのお蔭で、「FC2ランキング」現在1位です!
≪ 最新記事 ≫

皆さん、こんにちは。「Super源さんの雑学事典」へようこそいらっしゃいました。
このサイトでは、TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、ちょっとした雑学・トリビアやお役立ち情報、珍事件簿などを綴っていきます。
また、無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。
面白情報をたくさん取り揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。



【 カテゴリ一覧 】  【 記事一覧 】  【 リンク集 】
 
清朝最後の皇帝の最後の晩餐が「チキンラーメン」だったって本当?
チキンラーメン
写真は、こちらからお借りしました。

お湯を入れて蓋をしたら、3分待つだけでおいしいラーメンが食べられる「チキンラーメン」。
このチキンラーメンは、1958年に日本人・安藤百服(あんどう ももふく)が開発した、世界初のインスタント麺です。

安藤百福は、終戦直後の大阪・梅田の闇市で、ラーメン屋台に並ぶ行列を見て、

「もっと手軽にラーメンを」

と思ったのが、その開発のきっかけでした。

このチキンラ-メンは、2008年に50周年を迎え、今や世界中で愛されるインスタント食品となっています。

さて、このチキンラーメンを、死の間際に食べたいと願った皇帝がいます。
中国、清朝最後の皇帝であり、その生涯を題材にした映画から「ラストエンペラー」として知られる愛新覚羅溥儀(あいしんかくら ふぎ、アイシンギョロ・プーイー、1906年 - 1967年)です。

愛新覚羅溥儀
愛新覚羅 溥儀 ラスト・エンペラー

愛新覚羅溥儀は、日本と交流が深い親日家で、1923年に起きた関東大震災のときには、城内にある膨大(ぼうだい)な宝石を義捐金(ぎえんきん)として贈ると表明したことでも知られています。

溥儀は、中華人民共和国に文化大革命の嵐が吹き荒れる中で、腎臓がんを患(わずら)いました。
そして、死の間際に所望(しょもう)したのが、晩年の好物であったチキンラーメンだったのです。

しかし、幼い頃から最高級の宮廷料理を食べていたであろう皇帝の、最後に食べたかったものがチキンラーメンだったなんて、何か拍子抜けしてしまいますね。

「チキンラーメンもうまいニャンが、やっぱり、刺身が最高だニャー」
刺身を 食べる ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、「カップヌードル」は、この「チキンラーメン」の海外進出をはかって開発されたものです。

ご興味をもたれた方は、以下の記事も併せてお読みになってみてください。

カップヌードルの容器がもつ、優れた機能とは? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1006.html

参考にしたサイト
愛新覚羅溥儀 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E6%96%B0%E8%A6%9A%E7%BE%85%E6%BA%A5%E5%84%80
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
地球は、少しずつ縮んでいる?
地球

私たち人間は、年をとるにつれて、いろいろな変化をしていきます。
顔にはしわが増え、肌のつやはなくなり、身長も縮んでいきます。
髪の毛も、だんだん白くなっていきます。

それでは、私たちの住む地球はどうなのでしょうか?

地球は、私たちの体に起こる変化と比べれば、変化がないように思えます。
しかしながら、やはり長い年月の経過とともに、少しずつ変化をしていきます。

今日は、地球がどうなっていくのか、いろいろな角度から見ていきたいと思います。

まず、地球の大きさです。
現在の地球の直径は、約1万2700キロメートルです。
が、今後、”少しずつ小さくなっていく”と考えられています。
それは何故かというと、地球の中心部(中心核)が、少しずつ冷えているからです。

話を分かりやすくするために、鉄棒で考えてみましょう。
鉄棒を熱すると膨張(ぼうちょう)して、冷えると小さくなりますね。
地球の場合、100億年単位の話になりますが、これと同じ理由で、収縮(しゅうしゅく)していくことが考えられるのです。

実際、地球と同じ惑星である水星は、中心核が冷えるとともに、収縮してきたと考えられています。
それではどのくらい収縮したのかというと、50億年で10キロメートルほどです。
ここから計算すると、地球も1年に0.002ミリメートルほど収縮していくと予想されるのです。

次に、地球の自転速度です。
今後、地球の自転速度は、少しずつ遅くなっていきます。
それとともに、月が地球から少しずつ遠ざかっていきます。

かぐや姫~! 月が遠くなる前に、今会いにいくにゃん!」「うおっ!」
飛ぶ ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

今後、地球の環境(かんきょう)にもっとも大きな影響を与えるのは、太陽です。
太陽は、生まれてから約45~46億年と考えられています。
太陽の寿命は約100億年と考えられているので、人間にたとえれば、今は働き盛りの中年くらいです。

太陽は、今後次第に大きくなり、光量も増していきます。
今から11億年後には、太陽の明るさは現在よりも約10%増します。
この頃には、地球の温暖化が止まらなくなり、海水が大量に蒸発(じょうはつ)し始めます。

そして、50億年後には、太陽は水星や金星を飲み込んでしまいます。
地球は大気を失い、生命はひとつも存在できない環境となります。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
ジョージ・ワシントンの「入れ歯のにおい対策」は斬新だった?
入れ歯 イラスト

入れ歯の歴史は非常に古く、それぞれの時代において、さまざまな工夫が凝(こ)らされてきました。
紀元前700年には、エトルリア(現在の北部イタリアにあった国)の人々によって、金のブリッジによる局部義歯(きょくぶぎし)がつくられていました。

当時の義歯には、動物の骨や象牙(ぞうげ)を刻んだものや、人間の死体からとった健康な歯などが使われていました。

中世になると、歯ぐきの中の虫が虫歯を起こして歯を腐らせるという説が一般的になります。
そして、入れ歯の治療は行なわれなくなりました。
エリザベス一世は、前歯が抜け落ち、口がしぼんでしまったのをたいへん気にして、人前ではいつも口に布を詰めていたそうです。

18世紀初頭のこと、パリの歯科医フォーシャールは、上下の歯をスプリングで連結する総入れ歯をつくりました。
ところがこの総入れ歯には、口を閉じたときに歯を食いしばっていないと突然飛び出してしまう、という欠点がありました。

その後、入れ歯は改良が加えられ、人や動物の骨ではなく、陶器製のものが使われるようになっていきます。

「おばあちゃんの入れ歯をちょっと入れてみたワン。どう、似合うワンか?」
入れ歯をした 犬

「見て見て! ボクも入れてみたワン」
入れ歯をした犬_2
上記2枚の写真は、こちらからお借りしました。

さて、入れ歯を初めてアメリカに紹介したのは、ジョン・グリーンウッド博士という人ですが、彼の患者のひとりに、初代大統領のジョージ・ワシントン(1732年 - 1799年)がいました。
ジョージ・ワシントンは、1764年には総入れ歯を使っていたといわれています。

ワシントンは、入れ歯のにおいに悩み、毎晩、入れ歯をワインに漬け込んでいたそうです。
こうしておけばきっと、朝起きてからしばらくは、口の中がよい香りだったのでしょうね。

また、この入れ歯は、スプリングを使って固定する方法を使っていました。
1ドル札に描かれたジョージ・ワシントンのニヒルで素敵な顔は、この入れ歯が飛び出さないように、しっかりとかみしめていたことから、このような表情になったといわれています。

1ドル札 ジョージ・ワシントン

なお、ワシントンの入れ歯は木製といわれていますが、実際には、カバの牙を原料としたものでした。

参考にしたサイト
1ドル紙幣のニヒルなジョージワシントン、入れ歯を食い止めていた苦渋の顔!? | NAVERまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2143057765461684201
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった?
不動産売買契約書

推理小説のトリックには、人間の盲点をついたものが多いですが、中には法律の盲点をついたものもあります。

森村誠一(もりむら せいいち)の小説・「凶水系(きょうすいけい)」もそのひとつですが、昭和56年に茨城県は水戸で起こった詐欺(さぎ)事件は、なんと、この小説に書かれているトリックを、そっくりそのまま真似したものでした。

事件の発端は、A商事がB医師に土地代7400万円を払ったのに、名義変更をしてくれないと、水戸地裁(ちさい)に訴えたことでした。
裁判に出廷(しゅってい)したB医師は、A商事の言い分を認め、土地はめでたくA商事のものとなり、A商事は土地を売却、2500万円の利益を得ました。

普通ならば、これで一件落着です。
が、実は、この裁判は大掛かりな詐欺事件であることが判明したのです。
というのも、この裁判に出廷したB医師は、「真っ赤なニセモノ」だったからです。

民事裁判においては、出廷した当事者の身元を確認する手続きが行なわれません。
それをいいことに、ホンモノのB医師が知らないあいだに、B医師になりすました無職の男CとA商事社長がグルになり、さも売買契約があったかのように見せかけたのです。

民事裁判

かくして、一見土地の所有権争いをしているようにみせ、訴えを起こした裁判所がA商事に「許諾調書(きょだくちょうしょ)」を発行させることで、A商事はまんまと土地の所有権を手中にしたというわけなのです。
珍事件簿
広告


珍事件簿 | Comments(0) |
元が日本を侵攻できなかったのは、搬送中に馬が弱ってしまったからだった?
蒙古襲来絵巻
写真は、こちらからお借りしました。

鎌倉時代中期に、中国に元という大国を率いたモンゴルが、2度にわたって日本に侵攻(しんこう)しました。
これを、「元寇(げんこう)」、または「蒙古襲来(もうこしゅうらい)」と呼びます。

当時の元は、東ヨーロッパから朝鮮半島までを支配する一大帝国でした。
そして、その元が小国日本に、当時の世界史上最大規模の艦隊(かんたい)を従えてやって来たのです。

当時、元に攻められた国は、そのほとんどが征服されていました。
しかし、日本は、この元を、2度とも見事に撃退(げきたい)したのです。

「撃退!」「ア~レ~!」
「撃退!」「ア~レ~!」

この奇跡ともいえる勝利は、昔から「神風」によってもたらされたといわれています。
元の艦隊は、日本に向かう途中で、2度とも大風に遭(あ)い、多くの犠牲を出したため、日本に勝てなかったというわけです。

これは、元の資料にも大風の被害があったことが記されているので、間違いのない事実です。
が、実は、本当の理由がもうひとつ存在するのです。

その理由とは、”日本が「島国」だったから”です。
当時、ほぼ無敵を誇っていた元軍の強さは、騎兵隊(きへいたい)にありました。
元が他国を侵略するために、馬は欠かせないものだったのです。

もちろん、日本に襲来する際も、戦艦に同乗させて連れては行きました。
が、この時代の造船技術で連れて行けた馬の数など、たかが知れたもの。
そこに、大風が起こったのですから、たまりません。
元の切り札である馬は、ほとんど使い物にならなくなってしまったのです。

鎌倉後期に描かれた蒙古襲来絵巻(絵詞(えことば))の中でも、元軍の大半が騎兵隊ではなく、歩兵ほ(へい)だったことが見てとれます。
つまり、元軍は大風の影響だけでなく、戦い慣れていない歩兵戦を強いられたことで、日本に敗れたのです。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告