★いつも、応援をありがとうございます!
★皆さんのお蔭で、「FC2ランキング」現在1位です!
≪ 最新記事 ≫

皆さん、こんにちは。「Super源さんの雑学事典」へようこそいらっしゃいました。
このサイトでは、TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、ちょっとした雑学・トリビアやお役立ち情報、珍事件簿などを綴っていきます。
また、無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。
面白情報をたくさん取り揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。



【 カテゴリ一覧 】  【 記事一覧 】  【 リンク集 】
 
妊婦には、必ず「つわり」があるわけではない?
つわり 吐き気

テレビドラマや映画などでは、女性が吐き気を催すのが、妊娠したことを示すお決まりのパターンとなっています。
つまり、「つわりを起こした=妊娠した」というわけです。

しかしながら、妊娠すれば、必ずつわりが起きるわけではありません。
ましてや、吐く人も限られています。

意外に思うかも知れませんが、”妊娠した女性のうち、1/3にはつわりがありません。彼女たちは、妊娠中もふだんとまったく変わらない生活を送っているのです”。

つわりは、元気な赤ちゃんが生まれる証拠だといわれることがあります。
逆に、つわりがないと、元気な赤ちゃんは生まれないといわれることもあります。
が、そのような科学的根拠はありません。

そうすると、つわりがないということは、妊婦にとって、とても幸せなことだということになります。
でも、これから生まれてくる赤ちゃんにとっては、どうでしょうか?

つわりがないと、妊娠したことに気づかずに、バリバリ働いてしまったり、普通に薬を飲んでしまったり、またレントゲンをとってしまうことがあるかも知れません。
生まれてくる赤ちゃんに、これらの行動が悪影響を与える可能性があります。

特に、初めての妊娠は、どのような症状になるのかまったく分かりません。
そのような意味で、女性は常に意識をしておく必要があるのです。

つわりで吐く人の割合は、全体の1/3くらいです。
ひどい人では、食べるたびに吐き、ときには胃の中に何もなくなっても黄色い水を吐く人もいます。

つわりというのは、個人差がかなり大きいもののようです。

参考にしたサイト
【心配】妊娠超初期症状(つわり)がない妊婦の割合は? | 妊婦力
http://www.meg0405.com/tsuwari-307
お役立ち 情報
広告


お役立ち情報 | Comments(0) |
野生のアライグマは、エサを洗わないって本当?
アライグマ_01

動物園に行くと、たくさんの動物たちがいます。
その中でも、愛嬌(あいきょう)があって、特に人気があるのがアライグマ。

そして、この名前が、食べる前にエサをよく洗う習性があることからつけられたことはよく知られています。

しかしながら、この命名、実は間違いだったのです。

あんなふうにエサを水に入れ、前脚で洗うかっこうをするのは、動物園で飼われているもの、しかも空腹を感じていないときだけに見られる行動で、実は、野生のアライグマには、そのような習性はまったくないことが分かっているのです。

よく考えてみれば、それも当然です。
弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)の大自然の中で、食べ物を、あのようにいちいちのんびりと洗っていたのでは、敵に奪われてしまう虞(おそれ)があります。
何より、その間自分の身を危険にさらすことになり、生き抜いていくことはできないでしょう。

アライグマ_02

それでは、アライグマは、動物園に来ると、何故あのような動作をし始めるのでしょうか?

これは、一種の遊びではないかと考えられています。
アライグマは、自分が安全な場所にいることを知っていて、しかも、お腹は満たされている。
このことが、エサをもてあそぶ余裕を与えているのだ、というのです。

アライグマはもともと、川岸に棲(す)む雑食性(ざっしょくせい)の動物です。
特にが好きで、川辺で魚を捕(と)る姿がよく見られるそうです。
そのときの喜びがしみついていて、これがエサを洗うという遊びをさせているのかも知れません。

ともあれ、彼らにエサを洗う「習性」がないのであれば、アライグマという呼び名は「修正」する必要がありますね。【><】
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
えっ? 猫だけでなく、犬やサルも「猫舌」だった?
猫舌の猫 イラスト
「ピエーッ! オレ、猫舌だったよ!」

熱い食べ物や飲み物が苦手な人のことを、「猫舌(ねこじた)」といいますが、が「猫舌」であることは、よく知られています。
これは、猫に熱いものを与えると、冷めるまで絶対に食べようとしないことからできた言葉です。

が、実は猫ばかりでなく、も熱いものは食べません。
さらには、サルや鳥やライオンも同様で、彼らも決して熱いものは食べません。
その他の動物も、同様です。

猫舌の ライオン
「実は、オレも猫舌なんだ」

逆にいえば、熱いものを平気で食べるのは、人間くらいなものなのです。

これは、何故なのでしょうか?

その理由は簡単です。
”火を使う動物は人間だけ”ということを思い出してください。

人間も、かつては「猫舌」でした。
が、ものを加熱調理して食べる習慣をもったことで、長い年月の間に、熱いものでも平気で食べられるようになりました。

しかし、他の動物たちはそのようにはなっていないのです。
いくら人間に飼われているとはいっても、熱いものに慣れろというほうがムリというもので、相変わらず猫舌のままでいるわけなのです。

何しろ、人間の中にも、猫舌の人がいるくらいですから…。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
虫歯の「虫」の正体は?
虫歯

虫歯になる」といいますが、本当に「虫」が歯を食べているのでしょうか?
また、歯はどのようにして虫歯になっていくのでしょうか?

澱粉(でんぷん)や糖を含む食べ物のかすがにつき、歯垢(しこう)になると、そこに細菌が棲(す)みつきます。
この細菌は、活動すると乳酸(にゅうさん)を出します。
この乳酸は、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。

溶けてできた穴は、細菌のかっこうの棲家(すみか)となり、この穴に入り込んだ細菌は、今度はエナメル質の下の象牙質(ぞうげしつ)をも溶かしていきます。

このようにして、細菌は歯をどんどん溶かしていきます。
これが歯が虫歯になっていくメカニズムです。

虫歯を放っておくと、ついには歯ぐきしか残らなくなってしまいます。
「虫」歯というのは、「無視」できない存在なのです。【><】

ということで、細菌が直接歯を食べているわけではありませんが、虫歯の「虫」の正体は細菌でした。

なお、この細菌が歯と歯茎の間に入っていって炎症(えんしょう)を起こしたものが、歯肉炎(しにくえん)や歯槽膿漏(しそうのうろう)などです。

歯がこのような状態にならないようにするためには、食後の歯磨きが重要であることはいうまでもありません。
雑学 豆知識
広告


雑学 | Comments(0) |
女の子の鼻から、カキが芽を出した?
遊ぶ 子供たち

子供というのは、時として大人の想像をはるかに超えたをことを平気で行なうものです。
が、これは本当にビックリものです。

1925年(大正14年)4月のこと。
千葉県香取郡豊和村(とよわそん)大字大寺に住む8歳の少女、佐藤いいちゃんに異変(いへん)が起こりました。
なんと、彼女の鼻の穴から、木の芽が生えてきたのです!
この出来事に、村中は大騒ぎ!

実は、いいちゃんはかなりのいたずらっ子で、この事件の起こる前年の秋に、カキの種を鼻の穴に入れて遊んでいたのですが、この種がどういうわけか肉に食い込み、そのまま春を迎えたらしいのです。

大慌てで近所の医者に駆け込み、種を取り除いてもらって事なきを得たのでした。

また、1929年(昭和4年)7月に、当時日本領だった樺太(からふと)で、15歳の男の子の眼から胎児(たいじ)が取り出されたという話も残っています。

樺太豊原町西7蔵南1丁目に住む森田義一君は、6、7歳の頃から、左目の中の腫(は)れ物に悩まされていました。
そこで、豊原病院の眼科で手術を受けたところ、なんということでしょう。中から髪の毛までついた、ソラマメ大の肉塊(にくかい)が出てきたのです!
そしてそれは、妊娠2、3週間ほどの胎児でした!

幸いなことに、ソラ恐ろしい経験をしたこの義一君も、カキの芽のいいちゃんも、その後の経過は良好だったそうなので、まずは「芽(目)出たし芽(目)出たし」ですね。【><】
珍事件簿
広告


珍事件簿 | Comments(0) |
 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告